・レミング
 Lemminge(Amigo:2014)


レミング

自分のレミングを2つゴールさせるのが目的のレースゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードにはレースコースとなる森や山などが描かれています。
スタート位置からはじまり、反対側にはゴール。
手番でやることは、レミングを移動するかカードを補充するかのどちらか。
コースは六角形のマスで描かれていて、対応するカードを出すことで進むことが出来ます。
進む時は、場にカードを出すことで書かれている数字分進めます。
ただし、すでに場に同じ地形のカードが出されていて、自分の出したカードがその数字以下だった場合、それまで出ていたカードの数字も足して進むことが出来るのです。
カードを出した時に同じか降順になってなければ、置いてあったカードをすべて除去して、自分の1枚を出して終わります。
4は4歩進めるけれど、他の人にとっては使えるいいカードということに。

カード補充は、好きなだけ手札からカードを捨て、山札から6枚になるように補充するだけ。
これで手番が終わります。

SPONSORED LINK

ゲーム開始時、各地形のカードの2が並んでいます。
手札に2か1、0があればラッキー程度でw

スタートしてすぐは草原なので、どの地形カードでも進めます。
勢いよく飛び出したものの、最初の関門でストップ。
カードがうまくない・・・
そんな時には手番で出来ることのもう1つ。
手札から好きなだけ捨て札にして、山札から6枚になるように引きます。
残したいカードだけ残して取り替え。
でもうまくない。
仕方ないので、遠回りになるけれど草原をたどって進むことに。

2つ進ませなきゃいけないので、どちらか片方だけ進ませてもだめ。
でもカードがうまくないので、後ろから1つを進ませて、歩数を使って押し出しw
自分のレミングを自分で押し出す。
もちろん人のレミングも押し出せるけれど、カードがなくて止まっているところを追い出してもオウンゴール状態。
やっとカードが合って進み出したら、今度はさっきまで草原で使っていた地形で止まる。
スムーズにいかないw

そうこうしてるうちに、トド吉は最終コーナーを曲がるところ。
負けてはいられないと、後ろからまわりこんで邪魔をしてみるも、そこでストップ。
トド吉レミングの1つがゴールしてしまったけれど、2つともゴールさせなきゃいけないのでチャンス。
がんばれ私のレミング!
ゴール手前で颯爽とトド吉レミングに追い抜かれて敗北。

悔しいのでもう1戦。
でもまた負ける・・・

もう1回だけ!何となくわかった気がするかわもう1回!
ということで、3戦目。
今度はスタートから絶好調で飛ばしていく。
逆にトド吉の手札がうまくいかないようで、何度も手札交換している。
その様子を見ながら、自分のレミングを自分で押しながらリードを奪う。
これは・・・勝てるかも!?
ところがなかなか上手くはいかないもので。
地形タイルで変更してもなかなか進まない。
ちらっと見ると、トド吉レミングが進み始めている。
いそがないと!
数字の兼ね合いがよかったので、草原を一気に走っていく私のレミング。
12歩とか一気に進めると、さすがに気分がいいw
そして、トド吉レミングが追いついてくる前に、何とか2つともゴールさせることができたのでした。
やっと勝ったw

地形にあったカードを出してコマを進めるタイプのゲームは割とあるので、新鮮味はないというか。
カードの使い方は考えてしまうところが多く、意外にプレイ時間がかかったのでした。
箱絵のレミングがかわいいなー程度w
レミングコマがちゃんとネズミっぽくてかわいい。