・おっぱい・おしり・サンシャイン
 Titten Arsche Sonnenschein(Heidelberger:2013)


おっぱい・おしり・サンシャイン

バカンスを楽しく過ごすために、必要な要素を集めるカードゲームです。
鬚さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

プレイヤーは各自サングリアカードを持ってスタートします。
サングリアカードを列の先頭に、5色4種類ある素敵なカードを集めていきます。
手番がきたら、山札からカードを1枚引き、アクションを1つ実行し、カードを自分の前に出します。
そして最後に手札調整をすれば手番終了。
出来るアクションは4種類。
山札からカードを2枚引いて手札に入れ、1枚を捨て札にする・場からカードを1枚取る・他のプレイヤーからサングリアを盗む・場札とカードを2枚交換するのどれかを選択。
ただし、自分の直前のプレイヤーが出したカードに書かれたアクションは禁止です。
山札に入っているサングリアカードが出てきたら、即競りがはじまりゲーム終了。
自分の前に置かれた列を見て得点計算です。
サングリアカードがある列とない列では、計算方法も違います。
ここまでなら普通のゲーム。
このゲームの特徴というかメインは「おっぱいアラーム」。
誰かがカードを捨てたりするたび、それがおっぱいだったら「おっぱい!」と叫びます。
一番遅く言った人または言えなかった人は手札を1枚捨て札にしなければならないという、とてもくだらない(褒め言葉)アラームなのです。

まず最初に躓いたのが「サンシャインって何?」でした。
カードすべてを広げてみんなで眺め、結局サンシャインとは男性のことだろうということで決着。
他の要素がおしり・おっぱい・椅子なので、それ以外だと男性カードしかないわけで。
自分の前にサングリアカードを並べたらゲームスタート。

まずは山札から2枚引いて手札に。
同じ色で集めるには4枚ですむけど、同じ部位(?)で集めるには5枚かかる・・・
でも手の中に黒が多め。
こうなれば黒で!と思い、早速黒いカードをサングリアカードの横に出す。
1枚以上なら、どれだけ出しても構わないので一度に。
カードの隅に書かれてたアイコンが、場札との交換禁止マーク。
これによって次のトド吉は、アクションで場札との交換が出来ないのです。
自分の前に並んでるカードや他の人が並べてるカードは正直どうでもいい。
目を光らせているのが捨て札。
山札から引いて1枚捨てられた瞬間

「おっぱい!」
「おっぱいー!」
「おっぱい!」
「おっ・・・あ」

誰よりも早く!おっぱいを叫ぶw
ちなみにゲーム中、おしりなのに見間違えて「おっぱい!」と一人叫んでいた私がいましたw
常に叫んでいるので手札は減らないけれど、思うように集まらない。
場札と交換してもいまひとつ。
山札から引いてもなかなか集まらない。
そんな私の隣りで着実にセットをつくっている男、鬚親父。
すごい勢いでカードを並べて、さらに侍からサングリアカードを没収。
とりあえずサングリアカードがあれば、最低2枚並んでれば0点でセーフ。
でも0点。
手には今は必要ない黒いおしりとかサンシャインがいっぱい。

そして山札からサングリアカードが引かれた瞬間、侍が光の速さで値付け。
他の人はたいしていらなかったので、ほぼスルーww
支払いが手札なので、サングリアカードに払うなら、最後のもう1手番で自分の前にカード出します。
終わってみれば、鬚さんのぶっちぎり勝利。
どのくらいの差があったかといえば、残り3人の点数を全部足してやっと同等なくらい。
鬚さんのおっぱい力おそるべし・・・

想像していたより、普通でした。
おっぱいを連呼している姿を他の人が見れば、かなり異様な光景だと思うので、閉じられた空間で遊ぶのをおすすめしますw