・失われたオランダ人
 The Lost Dutchman(Crash Games:2013)


失われたオランダ人

大量に金が眠る鉱山を探索し、「失われたオランダ人の金鉱」を見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

5枚ずつ積まれたタイルが砂漠地帯。
ここに埋もれているお宝を探索しつつ、生物などと戦っていきます。
主となるのはお宝堀りなんですが、もう1つボードが。
ここは宝の地図で、災害や生物を倒したりするとすごろくのように進んでいきます。
最終的にオランダ人の幽霊が守る金塊を手に入れるため。
道にはトークンが置かれていて、数字が書かれています。
この数字に合うような生物や災害と戦ってチャレンジし、成功することで先に進めるようになっているのです。
掘れば水が出てくる時もあり、その都度水トークンを除去していき、指定枚数出てしまうとゲーム終了。
もう1つの終了条件は、誰かが失われたオランダ人の財宝を手に入れたら終了です。
生物や災害と戦うのはダイスに、自分が持っているキャラクターの値を足した数字勝負。
探索中ベースキャンプへ戻ることで、体力を回復したりスキルを上げることが出来るので、上手く使って負けないようにしたいところ。
好きなキャラクターを選んでとったら、早速ゲーム開始。

まずは移動のダイスを振る。
出た目は3なので3歩移動。
移動先のタイルをめくってみたら・・・金塊の7。
にやにやしながら、次のタイルをめくっておいて手番終了。
金塊の場合、次のタイルをめくっておくのです。
でもこれではただ持っているだけなので、まだ確実に自分の物にはなっていないのです。
そしてトド吉の手番。
移動してめくったタイルは災害タイル。
幸いダイス目に助けられて成功したので、宝の地図で1歩進む。
お互い少しずつ金塊が集まってきたところで悲劇はくるわけで。

出てきたのは生物。
ダイスで5以上が出れば何とか勝てる難易度。無理に決まってるw
でも一応気合いを入れて振ってみたら、なんと4!
惜しい!
でも失敗したことで、ペナルティを受けた上に持っていた金塊を捨てなければいけないのです。
アイテムを使ってでも少し確保しておいたのでよかった。
ここでベースキャンプへ行くことの大切さを思い知り、とりあえずキャンプを目指して移動。
低いスキル値を少しあげればもう怖くない。
生物タイルは同じ生物を集めると1枚あたりの点数が上がるし、そもそも宝の地図を進むには無視できない存在。
探索の果て、手に入れたのはキャラクター。
生物との戦闘に限り、数値を−2出来るというすぐれもの。
ここから怒涛の快進撃がはじまるのです。

そんな私の向こう側で、せっかくためこんだ金塊を戦いに敗れ捨てるトド吉。
正直、ざまーみろ!と思いましたw
その間にせっせと生物を倒し、時に金塊を手に入れながら、失われた財宝目指してまっしぐら。
2人とも1歩手前まで来た時、運良く指定の「5」の生物を見つけて撃破し、失われていた財宝を私が入手。
というのも、中盤くらいでオランダ人の幽霊は、トド吉の財宝へ飛んでいってたのでしたw
そしてゲームが終わり、お互い持っている金塊やタイルの得点を集計。
ぶっちぎりで私の勝利となりました。

続けて2回遊んだんですが、1回目はキャラクターのスキル値を上げるということをまったくやらず、あっという間に水が出て終了。
それじゃあまりにもな感じだったので、再セットアップしてプレイの仕方をかえたら、かなり楽しく遊べました。
正直、最初はどうかな?って思っていたけれど、財宝発掘ゲームはやはり楽しい。
ただ、最初のセットアップがかなり面倒。
タイルをシャッフルして5枚ずつの山をさらに並べて場をつくるので、これがもっと簡単に出来れば楽なのになぁと思いました。
でもがんばって準備した面白さがあったので良しということでw

・ゲームストアバネスト:失われたオランダ人