・ルッカ:ゲームの都
 Lucca The City of Games(dV Giochi:2013)


ルッカ:ゲームの都

宮殿を建設して名声をあげていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーマはゲームに夢中になりながら、なぜか宮殿の建設を競い合うという内容。
宮殿や壁、塔を建設することで得られる名声点を競います。
今回は2人プレイだったので、ダミープレイヤーが参加。
ゲームの手順としては、まずスタートプレイヤー決め。
自分の前に建設途中で置かれているカードに描かれた紋章の数が多い人です。
紋章はこのためだけにしか使われないという。
手番がきたら、まず完成した宮殿を公開するか選びます。
最初は2人とも完成してないので、公開はなし。
次に3枚1組で並んでいるカードセットを選んで獲得。
自分ボードの建設中の場所に並べます。
今回は2人プレイだったので、宮殿が完成するにはカードが5枚。
1色1つしか建設できません。
宮殿だけでなく、壁や塔も建設出来ます。
順番に残ったカードセットから1枚をダミーの建設中に置いたら終了。
これを繰り返していって、山札が尽きたらゲーム終了。
名声点が一番多い人が勝者になります。

まずは軽く1ゲーム。
紋章が描かれていると、どうしてもこだわってしまうのは仕方がない。
常に建設中の宮殿を並べてスタートプレイヤーにこだわっていたら
「このラウンドでゲーム終了ねー」
見れば山札が尽きている!
なんていうか、ものすごいあっという間。
体感時間だったら10分程度。

「これ並べてちゃダメだ・・・」
「どんどんつくっていかないと、2人プレイだったら7ラウンドで終わるって」

先に言ってよ!
ということで仕切りなおして2ゲーム目。
ところが、2人プレイの場合カードを8枚抜くのを忘れ、最後にカードの数が合わず終了。
気を取り直して3ゲーム目。
ようやくちゃんと(?)遊ぶことが出来ました。

今度はちゃんと8枚抜いて。
最初に配られたカードから2枚を選び、残りはダミーへ。
この時点でスタートプレイヤーは私。
なんだかんだ言っても紋章描かれていると集めたくなるのです。
先にカードセット選べるしw
自分の前に建設途中の宮殿を並べるのはいいけれど、これが他の人の得点源になるから要注意。
トド吉とは違う色の宮殿をつくりはじめたので、ダミーには自分の良い色を配置。
4枚まで並んで、最後の1枚で悩む。
このカードセットを取るとトド吉がつくっている青い宮殿も増える・・・でもそんなこと言ってる間にゲームが終わる。
そんな感じで5枚揃い「完成!」と、自分ボードの完成場所へ置く。
これだけじゃ得点にはなりません。
次のラウンド、カードを選ぶ前に公開しなければ得点として名声点がもらえないのです。
場に出てるピンクっぽい色は3枚なので3点。
でも3点でも取っておかなければということで「公開!」。
完成すれば紋章争いの時に減るけれど、そんなことはたいしたことじゃないほど持っていたので安心の先手番。
トド吉も完成させてくるも、なかなか思った色のカードが手に入らない様子。
このチャンスを逃してなるものか!と、どんどん完成。
完成させたら即公開。
塔も1枚くらいは取っておくかと取って完成場所に置き、必要ないカードで壁をつくる。
あとは建設途中の宮殿の紋章を確保しておけば、公開した宮殿でさらなる名声が。

ゲーム終了してみると、私は公開した宮殿が3つあったので塔と壁が1枚3点に。
トド吉は壁をいっぱいつくり紋章も準備できていたけれど、そもそも完成した宮殿が1つしかないという。
3ゲーム目にして、ようやくちゃんと遊んで勝てました。
本当にあっという間に終わります。
じっくり建設する暇はまったくなしw
短時間で建設ゲームの雰囲気を味わいたい人にはおすすめです。