・鉱山王
 Kings Under Mountains(Rightgames:2013)


鉱山王

鉱山を手に入れ開発し、勝利点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カードすべてが裏面鉱山、表面が4種類いる種族のどれかになっています。
ゲーム開始時に自分の種族をそれぞれ決めるところから。
基本的には、場に並んだ鉱山に対して種族のカードを昇順で出していき、指定の枚数出したら最後に出したカードの種族のものになります。
必ずしも自分の鉱山になるわけはないのです。

これだけでは鉱山を手に入れただけにすぎず、さらに開発することでやっと勝利点になります。
手に入れた鉱山は手元に置き、指定の枚数カードを昇順で出していくのは同じですが、自分の種族は出せません。
鉱山の中には監督マークがついているものがあり、これは指定枚数のカードを出した後、最後に自分の種族カードを出さなければ開発が終わったことにはなりません。
カードは常に1枚ずつしか出せない上に、常に昇順なのでかなり厳しい展開になります。
今回は2人プレイだったので、2種族以外はプレイしたプレイヤーのものになります。
私はジャイアント、トド吉はオークでゲームスタート。

SPONSORED LINK

手番がきたらカードを1枚出すだけ。
必ず1枚どこかに出さなければならないのです。
とりあえず最初だからと目をつけていた5点になる鉱山目指してカードを置く。
昇順なので、あまり大きい数字を置いてしまうと後で泣くので5くらいでw
手の中には半分くらい自分の種族。
これならいつでもいける!
そう思ってました。

場から鉱山を手に入れた時は、出されたカードたちは捨て札としてまた再利用できるんですが、開発した鉱山に置いたカードはすべてゲームから除外。
これが中盤過ぎる頃、かなりつらい状況になってきます。

(あれ・・・もしかしてもう9がないとか・・・?)

うっかり数字の高いカードを確保した鉱山においてしまい、8のまま塩漬けに。
9さえ置ければ、唯一9の上に置ける0は持っている。
でも9がこない。
そう・・・トド吉ががっつり手の中に持っていたのです。
しかも惜しげもなく確保した鉱山開発に使ってくれるから、どんどん減っていく9。
その時になって気付くのです。
これは他人に鉱山を押し付けるゲームだと。

そこで、持っていたトド吉種族のカードで場の鉱山を取りプレゼント。
贈られたトド吉は開発しなければゲーム終了時にマイナス点なので悲鳴。
私といえば、8でとまった開発が動かないまま、場には1点にしかならないのにカードを3枚も置かなきゃいけない鉱山や2枚でも欲しくない鉱山ばかりでかなり苦痛。
でもカードは必ず出さなきゃいけないわけで。
自分の種族を手の中にためすぎてしまったせいもあり、泣く泣く鉱山確保。
でも確保したからには開発しないとマイナス点。
わかってしまえば、何ともいやらしいゲームw
場の鉱山がなくなれば補充するのも、手札を補充するのも同じ山札。
気付くとゲーム終了間近なのがわかります。
終わらせたくないトド吉は捨て札からカード補充。
私は最後の最後に鉱山を押し付けて何とか逃げ切り・・・と思ったら、トド吉が開発した鉱山の数がすごい。
1枚あたりの点数は私のほうが高くても、数で負けた上にマイナス点も4点で、かなりの差で敗北。

2人だからというのもあり、他の種族が誰のものでもなかったのがまだ助かったところ。
カードの残し方次第で、じわじわと追い詰められていって、気付いたら逃げ道がないというか。
押し付けられる鉱山は当然点数も低いので、いい鉱山を入手するタイミングも大切。
3枚出さなきゃ確保出来ない鉱山の3枚目に、自分の種族を出すにはどのタイミングか、とか。
最初のうちは、何かが足りないような気がしていましたが、それは自分で確保して自分で開発するという方向性で考えていたから。
わかってしまうと「おぉ!」と言いたくなるゲームでした。

・ゲームストアバネスト:鉱山王