・ゴールドナゲッツ
 Gold Nuggets(Piatnik:2013)


ゴールドナゲッツ

ダイスを振って金塊を取り合うゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本的には7個のダイスを振るだけ。
ダイス目には数字のほかに投げ縄・金塊があります。
ダイスを振ったら最低1個は確保しなくてはダメなんですが、投げ縄・金塊は1個から確保できるのに、数字は最低3個同じ数字がないと確保できません。
確保したら振りなおし、また確保。
何も確保できなければバーストです。

振るのをやめたら金塊がもらえます。
金塊の目は1個につき金塊1個、投げ縄が3個以上あれば他の人から奪えます。
そして数字。
数字は同じ目をいくつ確保しても、もらえるのは書かれている数字分だけ。
これを繰り返していき、金塊の山に金塊がなくなったらゲーム終了。
一番金塊を多く集めた人が勝者です。
スタートプレイヤーを決めて7個のダイスを握ったらゲームスタートです。

SPONSORED LINK

今日は珍しく私がスタートプレイヤー。
早速ダイスを盛大に振るというかばらまくというかw

「あ!5が3個出てる!」

まずは安全策として、振りなおししないで金塊を5個もらって手番終了。
振りなおして金塊の目が出れば、もらえる金塊が増えるけれど、最初から冒険はしないw
その後もなぜか5がよく出て、そのたびに「5個もらう!」と金塊がどんどん手元にたまってくる。
逆にトド吉は「まだいける!まだいける!」でバーストばかり。

中盤になり、このままでは追いつけないと思ったトド吉が方針転換。

「この投げ縄確保して振りなおす!」

「この金塊1個確保して振りなおす!」

「あと1個!あと1個投げ縄が出れば1個は奪える!」

こういう時はたいていダメなもので。
見事に4が2個とか3が1個とか、見事なバーストを見せてくれます。
私はたまに投げ縄が3個出たりして、少ないトド吉の金塊を奪ったり。
すべてが順調で、少し金塊が多くない?(ゲームが長い)と思うほど。
ところが、ダイスの神は長く微笑んでくれませんでした。

中盤以降は数字がばらばらでしか出ない展開に。
逆にトド吉が少ない金塊でも確保し出したので、少しずつ埋まってくる金塊の差。
何度振ってもうまくいかない。
そこで、数字の目が小さい数字だろうと、早々に確保して金塊を手に入れることに。
じわじわと減っていく金塊の山。
ちょっと前まではお互い奪い合いばかりしていたのに、今は山から少しでも手に入れる流れに。
そしてゲーム終了が見えてくる、残りの金塊10個未満。

「いかん!ここでがんばらないともうだめだ!」

というトド吉が見事なバーストを見せてくれたり。
最後は残り4個の金塊をあっさり5の目で私が取ってゲーム終了。

シンプルなダイスゲーム。
それ以上でも以下でもなく、難しいことを考えたくないご飯後とかがおすすめ。
2人プレイだと金塊の数が多く感じてダレる感じです。
そこは短時間勝負で減らしてもいいのかな?という感じ。
もっともプレイ人数が増えすぎても、手番が回ってくるまで時間がかかるので、4人くらいなら熱い展開で終われそうかな?と思いました。

・ゲームストアバネスト:ゴールドナゲッツ