・家庭菜園
 Kitchen Garden(Rightgames LLC:2013)


家庭菜園

自分の庭に作物を植えていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時、庭に植える作物が決まっているタスクを受け取ります。
プレイヤー毎に違うので、そこは好きなものをw
タスクを見ると、最低必要な作物の個数と使わなければいけないカード枚数が描かれています。
特に気をつけたいのが枚数。
カードには1個から3個の作物が描かれているので、4個の作物をカード2枚で植えるというように考えながら植えなくてはいけないのです。
もちろん他の人を邪魔するための特殊カードもあります。
一番早くタスク通りに作物を植えられた人が勝者になる、とても手軽なゲーム。
今回は2人プレイだったので、3種類の特殊カードを中央に並べてゲームスタート。

SPONSORED LINK

まずは手札を見てみると、作物が1個しか描かれてないカードばかり。
最低植えなきゃいけない作物の個数が3個以上のタスクなので、2枚で2個にしかならないカードは正直いらない。
そこで選んだアクションは市場と交換。
市場は場として6枚並んでいて、手札1枚と市場1枚を交換することが出来るのです。
カード交換していたら、トド吉も交換。
ところが、邪魔出来る雑草が交換されて出てくる→次に私が持ち帰る、を2回。
自分の手札がいまいちだったので、雑草で足止めしなくては!
早速、まだ完成してない作物の隣りに雑草を植えてあげるw
雑草は畑をつぶしてしまうのに、働き者の農夫じゃないと除去出来ないのです。
その間に、せっせと市場と交換しては自分の庭に作物を植える。
植えると手札が減るけれど、そこは山札からカードを1枚引くアクションで補充。
手札の上限は4枚なので、必要最低限のカードさえ持っていればいいのです。

カブらしき作物が出来上がり、キャベツも持っていたので即植え。
トド吉も雑草2ヶ所を除けば、順調に家庭菜園が出来上がっていってます。
でも残りの作物を植えようと思ったらカードが来ない。
そこで、バザーを使って市場を総取替え。
バザーを使うと、取り替えた上で手札と2枚交換出来るのです。
これでかぼちゃを入手。
うん。順調。

たまにトド吉には手番お休みしてもらおうと、怠け者を預けたりw
特殊カードは使わず捨てることでアクションを増やせます。
基本1アクションしかないので、ここぞという時は使いたいけれど、なかなか良いタイミングがありません。
そうこうしてるうちに、雑草以外トド吉の家庭菜園が完成。
あとは働き者の農夫に雑草を抜いてもらうだけ・・・出てくるのは怠け者ばかりで雑草が抜けないw
私は残りのイチゴを何とかしようと山札から引くも、イチゴが出てこない。
その間に怠け者がとんできて1回休み。
トド吉が市場を入れ替えてくれたおかげで、イチゴがわんさか出てきます。
これは・・・何とかしてトド吉が雑草を抜くより早くイチゴを植えなければ!

市場には働き者の農夫が並び、もちろんトド吉はそれを取りにいく。
私はその間にイチゴを集め、植える。
2枚でいい・・・2枚で5個になればいいのです。
トド吉がカラスを使い、さっき捨てた働き者を手札に戻す。
その瞬間、私が持っていた最後の手札イチゴ3個を植え、全タスク完了で私の勝利。
あぶなかったw

最近の農業ゲームなら、もっと要素も多くて頭もしっかり使うようなゲームが多いので、そこそこ遊んでいるゲーマーならこれを選ぶ理由はそんなにないかと。
逆に言えば、とてもシンプルな中に他の人との絡みがあって楽しい。
雑草植えて邪魔も出来るし、手番を休ませることも出来るし、慣れてない人や複雑なゲームに疲れた人(笑)にいいと思います。

・ゲームストアバネスト:家庭菜園