・帝国の創設者
 Founders of the Empire(Rightgames LLC:2013)


帝国の創設者

タイルを並べて自分の国を広げていくことで、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

最初は資源が出るタイル2枚からの国つくり。
手番がきたら、まず場に並んでる中からタイルを1枚とり、トークンがあれば使い、最後に取ったタイルを配置します。
タイルは4種類。
色で分かれていて、緑は資源の生産、青はさらに上位の生産、紫は配置することでトークンがもらえ、赤は単純に勝利点です。
ゲーム終了時得点になるのは、赤いタイルとトークン、マイナス点になるのが除去したタイルなので、どんどん上位生産を目指していきます。
なんていうか、とてもシンプル。
タイルの背景色が緑なので、都市というより牧歌的。
2枚ずつ緑のタイルを選び並べたところでゲームスタート。

まずは最初に並べたタイルから木と水で青の馬生産タイルを配置。
最低限生産タイルがあれば、狙うは赤の勝利点。
ちなみに、場に並んでいるタイルは色別なんですが、各色6枚目になると前5枚は除去。
取って欲しくないタイルがあったら、たいして欲しくないけど流すためにその色を引くこともw

馬は赤タイルを狙うのに必要だったので、とりあえず満足。
次に狙うは紫タイルの荷車。
荷車トークンがもらえ、置いた周囲4枚タイルがどこでもドア状態になるのです。
これで生産効率がぐっと上がるはず。
が、なかなか出てこない荷車。
自分の手番でようやく出てきたので、もちろんそれをもらい配置。
トークンはまだ使わずに保管。
もう少し国を広げたいので、緑の生産タイルで石と木を増設。
上位生産物が同じなのに必要な材料が違ったりするので、満遍なく欲しいのです。

と、私が順調に国を栄えさせている頃、トド吉は緑のタイルばかり並べて領地だけは広がってる国。
しかも欲しいタイルが出てこなくて、金塊に目がくらんで配置したりしています。
2人とも待っていたのがブドウ。
このブドウがないと赤いタイルを配置出来ない。
たまたま私の手番で出てきて、しかも荷車のおかげで材料も揃ってることを確認し、そのまま配置。
これで2点になる赤いタイルを置くことが出来るのです。
さらに出てきた紫の荷車タイルはブドウと石が必要で、早速取って配置。
業を煮やしたトド吉が、コインをブドウに乗せてブドウ横取り。
トークンを置かれてしまったので、自分の手番では使えなくなりますが、手番終了時にはコインが私の物になるし、欲しいのは戦争トークンだったので問題にはならず。
ある程度荷車で下準備が出来たので、ここからは一気に赤いタイルへ。
どんどん配置していけば、ゲーム終了が見えてきます。
結局最後はトド吉が「これ以上無理」と言って、最後の赤いタイルを配置してゲーム終了。

得点計算では、赤いタイルと使わなかったトークン、除去したタイルがなかったのでマイナスはなし。
5点差で私の勝利となりました。

なんていうか、ほんとシンプル。
だけどこういうの好きです。
ごちゃごちゃしてるところがなく、単純に生産に生産を重ねて勝利点タイルを入手するだけ。
これがかなり新鮮で面白かったです。
プレイ時間も30分程度で終わり、軽く遊べる拡大再生産っぽいゲームとしては満足です。

・ゲームストアバネスト:帝国の創設者