・Dr.シャーク
 Dr. Shark(Hurrican:2011)


Dr.シャーク

プールの底に沈んでいる証拠品を探して集めるゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

発売されてすぐにタイルがエラーということで、交換しなきゃ遊べないことがわかり、ずっとそのままになっていたゲーム。
昨年末で交換締め切りだったので、慌てて送付して正しいタイルが送られてきたので、ようやくプレイとなりました。
大きな巾着の中には5色の証拠品がばらばらのピースになってはいっています。
手番がきたら、ボード上に描かれているアクションを選び、それを実行するだけ。
砂時計で時間が決められていて、時間になると次のプレイヤーがサメをぱくぱくさせて音を鳴らしますw
アクションは巾着から引くだけですが、同じ裏面のタイルだけ引く・全部違う形を引く・全部違う裏面を引く・見て1枚だけ引く・つかみ取りするなどがあり、自分でやりたいものに自分のトークンを置いて実行していきます。
同じアクションを2回続けては出来ないし、先着順なのでやりたくても他の人が選んでいたら出来ない可能性も。
スタートプレイヤーを選んだら、早速ゲームスタート。

他の人がやるのを見ていて、そんなに難しいかなぁ?と思っていたら自分の番。
実際にやってみると・・・これは難しい!
どれも同じに思えるし、ちょっとした違いを探すのが大変。
時間制限があるので、のんびり選んでいられないし。
色によってサメタイルが紛れていて、サメを引いてしまうと強制終了。
チキンなのとわかりやすいという理由でピンクを集める私。
が、意外に集まらないww
やっと完成したと思ったら、サメがいないので得点が低い。
でも特殊効果で、他の人のタイルを強制的にもらったり。
ピンクはサメがいないから、みんなが少しずつ持ち合ってしまうのも集まりにくい原因。
トド吉がサメを出しては悲鳴をあげているのに、意外に集まっているという不思議。

ゲームが進んでくると、さすがに触ってある程度わかるようになってきます。
と思って油断したら、間違えるわけでw
砂時計を見つめていて、サメをぱくぱくさせるのも楽しいけれど、自分が「次はあれにしよう・・・」と思っていたアクションが、先着の人で2枠埋まってて入れないとか。

私がいくつか完成させて得点チップをもらい、これは勝ったな・・・と油断していたら、隣りのトド吉は得点の高い証拠品を集めて完成させてくる。
しかも完成してないパーツをとにかく持っている。
あれはつかみ取りで得たパーツに違いないw

終わってみれば完成品の数では私が一番だったのに、完成してないパーツ1個1点の合算でトド吉に抜かれてしまいました。
これ悔しい。
あんなに必死になって巾着の中をガサゴソして集めたのにw
どんな感じだろうと思っていたけれど、遊んでいる間はとても楽しく夢中になっていました。
何度も遊んでいると、裏面のざらつきがなくなってきてしまうとか。
確かに巾着の中で何度もこすっては予想していくので、ざらつきが大きい色はそうなる可能性がw