・エッベス(エベス)
 Ebbes(Palatia Spiele:2013)


エッベス

出来るだけプラス点を獲得できるように、カードを取っていくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

所謂トリックテイクなんですが、このゲームの特徴といえば、ゲーム中にルールが決まっていくところ。
各ラウンド、ランダムで数字が決められ、その数字のカードが出てきた順にプラス点やマイナス点、切り札などの色が決まっていきます。
得点ボードも付属していて、5ラウンド終了時により高い得点を獲得しているのが目的。
どうやったら勝てるかまったくわからないトリックテイク。

SPONSORED LINK

配られた手札を見ると、このラウンドでルールを決められる「3」が勢ぞろい。
ルールを決められるのが強いかといえばそうでもなく。
変わりに他のカードがないので、勝てないわけで。
最初は強気で切り札を決めるために3を出す。

「おっ。切り札は黄色ですね」

ということになる。
次に違う色の3を出せば、その色がプラス点に。
出すタイミング重要。
自分が得点するために出したのに、すでに枯れていて逆にマイナスの色を押し付けられたり。
せっかくの得点が水の泡。
ところが、何度カードを配られても、なぜか手札の半分はルール決めの数字という、割と悲劇的な展開。
みんなが得点を獲得してボード上を進んでいくのに対し、私はいつまでたってもマイナス点から5点の間を行ったりきたり。

「つらい・・・つらすぎる」

「ルール決められるんだからいいじゃないですかー」と言われたけれど、他のカードがなくてそればかりでは、いつまでたっても得点が取れない。
他のカードを先に出して様子を見ながら、いっぱい得点を取った人の色をマイナス点にする程度。
5ラウンド終わって、トド吉が最多得点で勝ったけれど、私といえばマイナス点で終了。
なんだこれwww

あまりにカードが取れなくて、途中で心が折れそうでした。
配られた手札を見るたび、ため息しか出てこないというか。
何かこう他にやりようがあったんじゃないかと思うけれど、あまりに切ない展開。
そりゃおのさんが浮かれながら抱えていた色をマイナスに出来た時の喜びとか、自分が唯一持っていた最大数字の色を切り札に出来た時の喜びとかあるけれど、思い出しても切ない展開しか思い出せないw

今回は運が悪かったということで、そのうち大量に得点を獲得することが出来る日が来るのかもしれない・・・と夢見ておくことにします。