・シープレース
 The sheep race(Ghenos:2013)


シープレース

どの羊が上位3位までに入れるか予想して、当たれば得点が獲得出来るレースゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

出走羊は12匹。
まずは6匹ずつのレースを2回やって、上位3位までの羊6匹で最終レースをやります。
どの羊も国旗を背負い出場しているので、気合いも充分(イラストがw)
まずはスタートプレイヤーから、どの羊が3位までに入ってきそうか予想。
ただし、賭けに使うトークンは1枚がオープン、残り2枚がクローズの3枚。
オープンで賭けるトークンは、他のプレイヤーと違う数字じゃなきゃいけないので、そのあたりはクローズで賭けていく感じに。
全員賭けたらレーススタートです。

SPONSORED LINK

スタートラインに並んだ羊を眺めながら、スタートプレイヤーから手番を行います。
手番・・・ダイス2個を振り、出た目のレーンにいる羊を走らせることです。
羊はカードの上に置かれているキューブを燃料に走ります。
青いキューブなら1歩、赤いキューブなら5歩など、羊によって移動速度が違います。
キューブがなくなった羊は強制的に休息。
休めば青いキューブを2個回復させることが出来ます。
ちなみに白はオールマイティ。
ただし、ゴール手前の黒いゾーンに入ってから燃料不足になった場合、羊が横たわります。
つまり脱落w
でも他の羊も倒れてしまえば、上位3位以内に入れる可能性もあるのです。

レースゲームはあまり期待していなかったけれど、羊が可愛いし、何といってもダイス目がうれしくなくてもキューブで意地悪が出来る素敵レース。

ダイスを振り、出た目は2。
賭けてない私にはまったく関係ないけれど、他にオープンで賭けてる人がいるとやりたくなる意地悪。

「この白キューブを青に見立てて1歩進みまーす」
「うわ!ひどい!」

そりゃ勝って欲しくない羊には、出来るだけいっぱい進まないでいてもらわないとw
特に最終レースは、最初の手番はみんな白キューブを使い切るという暴挙。
レースも中盤になってくると、今あるキューブでどこまで走るか計算。

「あ、これじゃ足りない。1歩進んで青キューブ1個もらっておく」
「この4はこのまま走ると黒ラインの中で倒れる・・・じゃ赤で5歩走りまーす!」
「うわ!ひどい!」
「3は今あるので足りるからゴールするのは確定。問題は順位!」

みんなの思惑が見え隠れどころか、口に出して意地悪合戦。
なんて楽しい羊のレースw

とはいえ、賭けてる羊がみんな似たり寄ったりなので、3匹中1匹はずした点差がなかなか縮まらない。
そして2レース終わり、ついに最終レース。
どの羊が強そうか真剣に吟味。
そして、オープンとクローズで賭けた後は、最後のレース開始。

ここまでの2レースで、キューブの使い方をマスターしたので、黙っていても全員まずは白を使い果たす。
しかも1歩とかでw
あとはもう牛歩。1歩進んで1キューブもらったり、黒ラインに入らないのを見越して全力で走り、手前で休憩を取ったり。
ダイス目次第のところが適度に混乱させてくれるので、それがまた楽しさを増してくれるわけです。
あと1歩のところでゴールに入れず倒れてしまった羊。
どんどん倒れていくので、まさにその姿は死屍累々。
そんな中、1匹だけ隠れて走り続けてる羊がいたりとか。

結局、点差は縮まらず、そのまま全員が同じような得点を獲得していったので、トド吉の勝利で終了。
想像以上にさくさく進むし、楽しいし、かなり満足度が高かったです。

・ゲームストアバネスト:シープレース