・アルコン 栄光と陰謀
 Archon - Glory & Machination(Artipia Games:2013)


アルコン

カードを使ってワーカーを配置し、建物を建てたり兵を雇うことなどで勝利点を獲得していくゲームです。
ぽちょさん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

八つ折の大きなボードは目が少しチカチカします。
とはいえ、このメーカーのアートワークが好きで買ってしまうので、かなり見応えはあります。
広いボードには町の施設や王などが描かれています。
基本的には、自分のやりたいアクションを選んでカードを使ってワーカーを置いて実行するだけ。
出来ることは、兵を雇ったり、建物を建てて効果を得たり、お金を得たり、資源を得たり買ったり売ったりなどなど。
プレイ人数によって使えるマスは限られていますが、先にワーカーを置いた人がかなり有利。
後からだとカードを2枚使わないと実行できない場合も。

ゲーム開始時は全員同じ普通のカードを持っていて、それを2つに分けて5枚ずつ使っていきます。
2つ山使い終わったら、また選別して5枚組をつくっておく感じ。
町は攻撃を受けることもあり、そこで兵を出しておくと得点がもらえたり。
出来ることはすべてボードに描かれていて、言語依存がまったくないところはかなり良い感じ。
早速ゲームスタート。

残念ながら最後手番でスタート。
手番が来る頃には、いい場所はすでに埋まっています。
とりあえず・・・金。
金があれば何でも出来るような気がする。
ということで、カード節約しつつもらえるものはもらっておく方向で。
当然出遅れるw

誰もワーカーを置く余裕がなさそうな恩恵に目をつけ、そこでも得点獲得を目指し、何とか脱落するほどでもない点差で追いすがっていきます。
建物が良さそうなので、徴税と倉庫カードを変えられる建物を。
ギルドを重要視してなかったので、特殊カードが少なめだったのです。
というか、かなり苦しいw
こりゃいつまでも最後手番じゃダメかな?と思うも、パスする時にカードを残さないと勝てない。
まだやれることはあるし、欲しい資材もある。
うーん・・・何とも悩ましい。

慣れてくると後手番の苦しさが逆に面白くなってきます。
でもやっぱり、そろそろ建物の恩恵が欲しいなぁ・・・と思い、スタートプレイヤーを取るためカードを残しパス!
見事スタートプレイヤーを勝ち取るのでしたw

さて、いざスタートプレイヤーになると、やれることが多すぎて定まらない。
とりあえず倉庫で商人を使って資源獲得。
徴税にしなかったのは・・・2個欲しかったから。
資源を入手できたら、やはり建築。
割り込みできる聖職者は、最後パスするときのために残したい。
あとはやはりお金。
ここへきて兵はもう追いつけないので諦めるとして、お金があれば出来ることも増える。
もちろん、徴税官でw

で、ふと思う。

(あれ・・・ワーカー使い終わってるのにカード余った。なんでだろ・・・?)

今までは後手番だったので、カード2枚必要なマスばかりで気にならなかったのです。
おかしいな?と思いつつも、次のラウンドまでそのまま。
そこでまたカードが余ったので、いい加減おかしいことに気付く。
とりあえず、ボード上に出ている自分のワーカーを数える。うん4個。おかしくない。
続いて、隣りのトド吉のワーカーを数えてみる。
あれ・・・5個?
5個!?

「おかしいと思ったら、私のワーカー1個足りない!」

男三人衆「お、おう

いや、そこ、はもるとこじゃないww

「もしかして、これワーカーじゃないの?」

ゲーム開始前から何に使うかわからなかった杯っぽいコマが、実は私のワーカーであることが発覚。
ワーカー
まさかのワーカーでした。
早速この状況をメーカー側に伝えたら、代替品というかちゃんとしたワーカー送ってくれるそうな。

無事ワーカーが5個になったのはいいけれど、今まで4個でゲームを組み立てていたので、何をしたらいいのかわからない状態にw
ワーカー1個って大切。

ゲームは建物の効果をふんだんに使って得点を獲得したいたるさん。
でも建物効果の適用も怪しかったのでノーカウントww

この会社のゲームの中では、一番面白いかも!?と思ったけれど、それは厳しい条件で遊んでいたから。
「あと50回くらいテストプレイすればよくなるかも」というのがみんなの意見。
今回は色々とあれだったので☆はなし。
黒いワーカーが無事届いたら、もう1回は遊んでみて、それから☆をつけようと思います。
でも途中までは本当に面白くてどきどきしたんだけどなぁ・・・w