・スパイリウム
 Spyrium(Ystari:2013)


スパイリウム

発見された鉱石スパイリウムを使い、勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ゲームの流れとしては、手持ちのお金で建物や技術を入手して、より高い収入や鉱石を手に入れ、それを使い新しい建物などを手に入れて・・・と繰り返していきます。
人物カードは自分の手元にくるわけではなく、場に置かれたまま効果を使います。
建物や技術カードには勝利点が書かれていて、最終的に自分の前に並べて見えていれば、その分点数が入ってきます。
変わっているなと思ったのは、まずは配置フェイズで労働者コマを欲しいカードの横においていきます。
もう置きたくないor置けないという状況になったら、発動フェイズに移行。
これが個々で勝手にやっていくので、私は発動フェイズだけどあなたはまだ配置フェイズという状況が出てきます。
やれることが終わればパス。
全員がパスしたらターン終了になり、次のターンの準備になります。
これを繰り返して6ターン終わればゲームも終了です。

技術か建物かと迷うも、正直よくわからない。
そういう時は「ゲーム名になってるんだからスパイリウム集めればいいんじゃない?」という発想。
しかもあまり取り合いになってないので、支払いが安くてすむ。
というより、序盤はみんなお金がないので、持っているお金全部使って建物1個という感じ。
お金残さずw

でも序盤でスパイリウムが出てくる建物を建てたおかげで、中盤以降色々できたわけで。

カードを手に入れるには、まず労働者コマを配置。
もちろん他の人も配置。
この他の人の労働者が支払いにものすごい困ります。
基本代金にカードの周りに置かれている労働者の数だけ代金がプラスされるのです。
お金がぎりぎりだったりちょっと足りないと、早く誰かどいてくれないかな・・・と考えます。
隣りのカードが欲しくているだけでも、こちら側にプレッシャーかけてくるんだから困る。
そして、もう少しもう少し・・・と粘っているうちに、あっさり他の人に買われたりww
しかも配置するのにも置く土地が値上がりしていきます。
収入は大切に・・・
今まで持っていたスパイリウムが交換できる建物をさらに上位の建物に建て替えることで、勝利点とスパイリウムUPでごまかす。
それでもぎりぎりで何とか回したり、他の人の邪魔をしにいった労働者が収入を持ってきたりして、何とかある程度建物が並ぶ。
正直、技術まで回らないので、ひたすら建物重視の方向で。
その頃になれば、あふれるほどのスパイリウムを使って交換したり。
やはりゲーム名のスパイリウム重視は合っていた!

そして最終ターン。
さすがに勝利点の高い建物が並びます。
目に付いたのが目の前の建物。

欲しい・・・
どうしても欲しい・・・
でもお金が足りない。

そんな時はみんなが欲しがりそうなカードの横に労働者コマを配置。
ある程度労働者がいるうちに、収入をもらって労働者撤退。
これで収入確保。
どうせお金は得点にならないのだから、使い切って勝利点にかえたい。
そして、人物カードなどでお茶を濁しながらその時を待ちます。
当然他の人も勝利点しかない建物に労働者を置くのだから、タイミング大切。
そして、12点の建物を購入し建築。
といっても建て替えだけどw

6ターン終了し、勝ったのは私。
なんと2位と1点差。あぶなっw

重くもなく軽くもなく、程よく遊べて考えどころがあっていいなぁ。
プレイ時間も約60分ほどで、終わった後の満足度もかなり高いです。