・霊獣伏魔録
 Demon Busters(Swan Panasia:2012)


霊獣伏魔録

霊獣の1つとなり、結界をつくりなおして得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

スタート時に持っている自分の霊獣カードを使い、妖魔カードや鬼怪カードを手に入れていきます。
手に入れたカードは次のカード獲得に使え、使ったカードは最終的な得点として保管していきます。
テーマにそった言い方をすれば、結界の裂け目から妖魔や鬼怪が出てくるので、それを封印して降伏させたら自分の手下として使える感じでしょうか。

場には毎ターン妖魔1枚と鬼怪がプレイヤー分出てくるので、自分の持っているカードをスタートプレイヤーから出していき、数字の大きい人から欲しい妖魔もしくは鬼怪を入手していくだけです。
妖魔は最終的なボーナス加点になるし、鬼怪はそのまま得点になるわけです。
それぞれカード置き場となる自分のボードに霊獣を並べたらゲームスタート。

霊獣によって霊力値が違うので、大中小になっている数字をどう使うかが重要。
そして初期カードの霊獣は、使っても得点は0なので、早々にいい妖魔か鬼怪を入手して得点を獲得していきたいところ。
得点になる結界値だけ見ていると、使う時の霊力値で失敗したり。
でもやっぱり20とかの大きい霊力値があれば、絶対一番に選べるので1枚くらいは入手しておきたい。
他の人が持っているカードの霊力値を見ながら、確実に取れるカードを温存。

最初はひたすら即得点になる鬼怪ばかり狙っていたけれど、よくみれば妖魔もなかなかおいしい。
最終的に「南」のカードは2倍になったりする。
というより、他の人には取られたくない。
封印に使えるカードは常に3枚から選ぶので、誰がどんなカードを持っているのか一目瞭然。
とはいえ、全員眺めてのんびりプレイするよりは、さくさく遊んだほうが面白いのです。

アジアのゲームは当たりはずれが大きいので、正直どうかな?と思っていたものの、実際遊んでみると悪くない。
むしろ、自分の思惑と他の人の思惑でカードの取り方がかわってくるので、普通に面白い。
でもなぜか全員無言w
つまらないのかな?と思うも「悪くないし、普通に面白い」という返答。
でもなぜか声が出ないwww
「んじゃ、ひゃっはー!って盛り上がってやる?」と言い出したものの、答えは「NO」でしたが。

12ターンでゲームは終了。
最終的な得点計算。
思っていたより方角があっていて、ボーナス加点が多くて喜んだり。
勝ったのはCOQさんで、見事霊獣の王に。
ビリの侍とほぼダブルスコア状態だったというw

出ている中で誰がどれを狙ってくるか予想しながら、逆に横取りしてしまおうかとか、考えてる時間が一番楽しいです。
だからこそ、最初のカード出しがすべて。
あとは獲得したカードを考えつつ、自分が何を集めていくかです。