・リサイクル
 LIXO?(MESAboardgames:2011)


リサイクル

手札のゴミを使ってゴミ箱を競り落として得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームはいたって簡単。
毎回出てくるコンテナ(ゴミ箱)を競りで獲得していきます。
手持ちの手札で競っていくんですが、競り落とせたらコンテナを得点として獲得出来ます。
もし競り落とせなかったら・・・使ったカード(ゴミ)はマイナス点として手元に残るのです。
ゴミはゴミ箱へ片付けましょうという。

SPONSORED LINK

まずは1枚目のコンテナがオープン。
黄色いコンテナ。
手札には黄色単色のカードと2色に黄色が含まれるカードがたっぷり。
これはいくしかない!
でも最初は「じゃ・・・とりあえず1!」と弱気。
もし競り落とせなかったら、マイナスが痛すぎるので注意深くw
「じゃ、2とか」
「んー・・・3!」
「じゃ4で」
どんどんヒートアップ。

「じゃ5!」
「それじゃ6って言っちゃおうかな」
「がー・・・・・じゃ8!」
「えーそんなに出るの!?じゃパス・・・」
無事にコンテナ獲得して、ついでにマイナスを6点押し付けるww

こんな感じで繰り返していくんですが、カード補充がいつ出てくるのかわからない。
最初に遊んだ時は、カード補充がこまめに出てきたので、使いたいだけカードを使っていったら、後半まったく補充されずに最初はひたすらパスするだけになったという。

「これカード補充は何枚なの?(遅」
「5枚かな」

5枚だとわかれば今度は大丈夫。
もう1戦!ということで再び対戦。
今度は要領をつかんでいるので、さらに熱い戦いに。
しかも今度はなかなかカード補充が出てこない。
これによって使いたくても使いすぎることが出来ない展開に。
でも5点のコンテナは見逃せないのです。
そして手札がつきかけた頃に、いいタイミングでカード補充。
1回目は1点という情けない点数を出したものの、今回はトド吉に1点差で勝利!

これはおもしろい。
だいぶ前から流通していたのに、なかなかプレイ機会に恵まれず。
先日のテンデイズ3周年記念セールで入手したので、2人で遊んでみました。
2人プレイもじわじわと面白さがきます。
サシで競り合うので、一旦競り始めたらお互い引けないところまでいってしまうので、ゴミ箱取れなかった時のマイナス点がひどいことにw
でも多人数だったら、もっと全然違った雰囲気になると思うので、ぜひとももっと大人数で遊んでみたい。