・ル・アーブル:内陸港
 Le Havre: Der Binnenhafen(Lookout Games:2012)


ル・アーブル:内陸港

ル・アーブルの2人用が発売されたので、入手してトド吉と遊んでみました。
アグリコラよりル・アーブルのほうが好きなので、期待も上々。

それぞれゲームボードと倉庫、そして3金を持ったらゲームスタート。
目的はお金を稼ぐこと。
お金を稼ぐには建物。
毎ラウンド出てくる建物を購入してゲームボードに配置することで、最終的に建物に描かれている金額になります。

購入するとき使うのは資材もしくはお金。
序盤は金額が低めな建物が並びますが、中盤以降、一気に高めな建物が出てきます。
そこまでに何とか倉庫の資材を集めておきたいところ。

ゲームボードのバーはラウンド毎に動き、建築した建物の効果分も見てわかるようになっています。
買ってすぐは「0」、次のラウンドになりバーが動けば「2」になり、資材を入手するときの基本値が2という感じです。

SPONSORED LINK

最初の手番はトド吉で、1金で買える農地を入手。
それを見て、私は3金全部使い丘陵地を入手。
ここでお金を使い果たし、その後中盤以降までお金を入手することはありませんでしたw
そして、トド吉がもう1回手番をやったらラウンド終了。
序盤は3回しかないので、先手番が2回・後手番が1回。

Bの建物が出てきて、先手番の私は早速農村を入手。
小麦だらけになってみようw
こんな感じでゲームは進んでいきます。

欲しい建物があっても、指定の資材が1足りなくて、建てた建物の効果を使ってるうちにとられたり、逆に次ラウンドのために資材をためておいて、先に買ってしまったり。
とにかくさくさく進みます。
どれをどのくらい上げるかが悩ましくて、常にレンガと木材はストックを持つようにして、それを元に建物を入手していきます。
建物を選ぶ時、最初に見るのが最終的な金額w
勝敗にかかわるから重要。
トド吉はお金を使っていい建物を購入していたので、逆にぎりぎりの資材で効率が良さそうな建物を入手していきました。

建物の効果を使わずにバーが4になってしまうと、使わなきゃ!という気分に。
1周回ったらせっかくの4も強制売却になり、半額で売ることになります。
おかげで、建物が増えてくると、手番が足りなくて慌てたりもw

今回は資材ぎりぎり作戦が上手くはまったのか、小麦だけは多い人になり、逆に少ない魚をカバーすることで20金になる建物を多く入手出来ました。
そして、最終ラウンドは先手番。
レンガと木材を少しずつ増やして横にスライドさせ、レンガ工場を購入。
すでに小麦サイロは持っていたので、さらにお金を増やしてみたくなったというか。
見えるだけでトド吉は15金持っていたので、建物で追いつかないと差が出来てしまうというか。
そして、職人館が3にいたので、一気にレンガを上昇させ得点に。

ゲーム終了で得点計算をしてみたら、なんと11点差で私の勝利!
お金はスルーして建物重視でしたが、無駄なく出来たのかなかなかいい出来。
夢中になって遊んだのに、終わってみれば40分程度と、そんなに時間がかからないのもいい。
好みの問題だとは思いますが、同じ2人用ならアグリコラよりこちらのほうが面白かったです。