・ユークロニア
 Uchronia(IELLO:2012)


ユークロニア

資材を使って建物を建築していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは各自ボードを持っています。
このボードが領地で、倉庫や作業など、カードを差し込めるつくりになっています。
基本的な流れとしては、手番になったら手札からカードを1枚出し、そこに書かれているアクションを実行するだけ。
資源を手札や公共広場から倉庫に入れたり、倉庫の資材を使って建物を建築したり。
2人プレイなら20点獲得を目指すんですが、まず資材を集めます。
建築する場合、倉庫から資材を使うので、その前に倉庫に資材を入れておかなければいけません。
建物は必要とする資材の数が違い、1枚で完成するものもあります。
そして建物にはそれぞれ効果があり、完成させることが出来れば効果を使うことが出来るようになります。
基本的には建築アクションを選んで、倉庫から資材を1枚使う感じですが、その効果を増やすことが出来るのが作業。
倉庫からここへカードを挿しておけば、基本1枚得られるところを増やした枚数増やすことが出来ます。
公共広場から倉庫へ直接資材を入れるなら、本来は1枚だけど、作業に2枚あるので3枚倉庫へ送るといった感じ。
手札が尽きてしまったり、特に・・・といった時は策略。
この時作業にカードが挿してあれば、他のプレイヤーのアクションをコピーすることが出来ます。
作業にカードがなくても、とりあえず手札を補充することが出来ます。

同じ建物は2枚建てられないので、2人だと喧嘩せずにのんびり・・・と思ったら、そうでもなく。
とにかく点数を取らないと話にならない、逆に忙しい展開になったのでした。

最初はとりあえず手札から1枚出して、倉庫に資材を・・・と思ったら、何と手札がほぼ青い。
こんな時は2枚で任意のアクション。
トド吉がやはり同じで、2枚で青いカードを倉庫へ送り込んでいきます。
これはきっと早々に作業に挿して独占取りにくるんだろうなぁと眺めつつ。
というのも、前回遊んだ時も上手くカードを使うことが出来なくて、あっちもこっちもが出来ない。
こういうのが得意な人とやると、2手も3手も遅れていくのです。

とにかく建築をやっていこうと思い、場には運良く1枚で完成する建物がずらり。
これならいける!ということで、倉庫に挿してはすぐ建築に使うの繰り返し。
建物の得点が低くても、使える効果で独占に対抗だ!

ところが運がいいのか悪いのか、手札を補充すると4枚5枚が同じカード。
これでは違うアクションが・・・2枚でやればいいけれど、2枚ずつ使っているとすぐ補充しなきゃいけない。
そんな時はせめて公共広場から倉庫送りに。
ある程度建築したところでふと向かい側を見ると、トド吉が1人で独占を抱えてる。
しかも独占を取っているということは、作業にカードが挿してあるということ。
何をやるにしても効果が大きい。
かといって2枚ずつ挿してあると、今更感があって作業に移行出来ない。
モタモタしているうちに、トド吉が17点。
これではいかん!ということで、せめて青い独占だけ没収。
かといって、今更倉庫から作業にカードを動かすアクションはやらないので、本当に独占を取り上げただけ。
これで数手番増えたので、まぁよし。
その間にも3点の建築を開始。
ぎりぎり最後手番で完成させることが出来たけれど、獲得できたのは9点。
トド吉は25点だったので、まったく歯が立たない状況でした。
ちぇっ。

このゲーム、評判がよかった「ローマに栄光あれ(Glory to Roma)」と作者が同じでよく似ているということで期待して購入したんですが、ルールブックを読み解くことが出来ずに放置。
しばらくして「ローマに栄光あれ」を遊んだことがあるいたるさんなら読み解けるだろうということで、読んでもらってインストしてもらいながらプレイ。
ところがプレイ日記を書かないうちに、また忘れてきたので、トド吉と思い出しながら再プレイとなりました。
で、やっぱりルールブック読みにくいです。
これはもう知っている人に教えてもらったほうが早いです。
あと、5枚ある領地ボードのうち3枚は貼りがひどいというか。
中に空気が入ってしわっぽくなってました。
開封したとき、最初にそれを見つけてげんなりしたのを思い出しました。

・ホビージャパン:ユークロニア日本語版

ちなみに3人プレイだった時の写真。
ユークロニア
うん。やっぱり上手く作業を生かせてないw
この時もいたるさんとトド吉が楽しそうにやり合ってる横で、黙々と1人倉庫→建築をやっていたなぁ。
面白いけれど、まだまだこの手のゲームは全部を味わうほど成長していないようですw