・ヴェローナ
 Verona(Czech Board Games:2010)


ヴェローナ

都市を支配することでミッションを達成し得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各地区に自分のキューブをばらまいたり、ミッションを達成することで得点を得たりしていきます。
今回は3人プレイだったので、ミッションカードに書かれた地区に自分だけという状況をつくらないと達成できません。
他の人がすでに入り込んでいたらどうするのか?
暴力や陰謀で退去してもらいます。

ゲームの流れとしては、まず建物チェック。
地区取り合いとは別に、効果と得点付きの建物も取り合います。これのチェック。
そしてプロット。
各自持っているアクショントークンを裏向きで対象地区に置いていきます。
そして、置かれたトークンの解決。
最後にラウンド終了の処理として、建物の所有者を決めたり、収入が入ったり、武装したりします。
親を次の人に回したら次ラウンドがはじまります。

まずは受け取ったミッションカードを眺めながら初期配置。
この時、出来ればミッションを達成したいなーなんて考えていたけれど、みんな考えることは同じ。
とりあえず自分のキューブを点在させることで準備完了。
いよいよ仁義なき支配権争いの開始です。

序盤は誰とも争わなくてすむように、とりあえずばらまき。
誰もいなければ1金ですんなりキューブ配置ができるからw
トド吉といたるさんは序盤から争っている。
それを眺めていたら、初期配置で置いたキューブを早速どかされる。
まぁ、1ラウンド目だしいいやーなんてその時は思ったけれど、最後はこれに泣くことになるとはw

2ラウンド目になると争いは激化。
というより、ミッションを達成出来る地区に自分がいない。
収入が多い中央には何とか居座れたけど、どうしても邪魔・・・いたるさんがw

「いたるさん、そこどいて」
「おれもそこ必要なの。次どくから待って」

そんな会話をしつつ、他のミッション達成に向かうことに。
が、次ラウンドになってもいたるさんはどいてくれない。
これは実力行使か・・・なんて思っていたけど、とりあえず再び言ってみる。

「早くどいてー!」
「おれだって早くどきたいけどさー」
「でた!いたるさん必殺の口三味線!」
「べんべんべんべん(三味線の口まね)」

言いたい放題な私とトド吉w
いや、どこうと思ったらトド吉乱入で失敗したり、私も暴力でどいてもらおうと思ったら失敗してたわけで。
その間にもトド吉はミッションカードを達成してるし、いたるさんも建物を手に入れたりしている。
私だけまだ1枚しか達成していない。
まずい・・・
1ラウンドで1枚しか達成させられないのにこの出遅れ。

そして、やっとどいてくれることになった4ラウンド目。
いたるさんは陰謀で退去。これで一安心と思ったら・・・

なんと陰謀でトド吉と入れ替えに。
そしてトド吉がプロットしていた暴力が発動。
まさかの展開に見事破れ、私が退去することに・・・

「ちょっ!ひどい!」
「いやー仕方ないよー」
「べべんべんべん(三味線の口まね)」

このまま引き下がってなるものか・・・覚えてろ・・・

そしてゲーム終了の時が近付いた最終ラウンド。
ミッションカードと建物で遅れをとっている私に出来ることは、地区を独占して高得点を獲得すること。
それと同時に、他の人が独占しているところに割って入って、獲得得点を半減させること。
プロット超重要。むしろ怨念をこめてトークン配置w
陰謀だけは誰かが同じプロットを置くと、打ち消されて無効になるので、想像と違ったプロットをしないと。
この時のために目一杯武装しておいたのでしたw

そしてたぶん、このゲーム最初で最後の見どころ。
いたるさんに仕返しを・・・w
攻撃側になったのはいいけど、いたるさんが持つ建物効果で、私が使える最大兵力は4個、これにダイス目。
いたるさんは防御兵をケチってきた。

チャンスだ・・・

これはもう8を出すしかない・・・

8を振ったらもう一度振れて合算できるから。
怨念たっぷりで振ったら、ダイスは見事期待にこたえてくれました。

「あ!1個8でた!」
「うわー!もう1個兵をつけておけばよかったー!」

これによって、なんと私の勝利でいたるさん退去w
特にミッションカードを達成できるわけでもなかったけど、何となくすっきり。
そしてゲームは、ミッションカードを5枚達成したトド吉の勝利。

予想外に面白かったです。
もっともプレイ人数が3人だったからかも。
箱が大きいのでボードも大きいだろうと思ってプレイを逃してたゲームでしたが、もっと早く遊んでおけばよかったと思わせてくれました。
ただ1つの難点は、カードとボードのアルファベットが読みにくいこと。
あと、カード立てを使ったほうが便利かも。
自分のミッションはどこの地区なのか探すのに苦労しました。