・アンドールの伝説 2013年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞受賞
 Die Legenden von Andor(Kosmos:2012)


アンドールの伝説

ちょっとずつ進めてきたアンドールの伝説も、ついに最終の伝説になりました。
伝説6はカードの裏面が白紙で、自分たちで伝説をつくりましょうという感じになっています。
なので、最初から出来ている伝説はこれで最後。
最後ということで、今まで出てこなかったドラゴンが出てきたり、ドワーフたちやプリンスが力を貸してくれたりと総動員です。


今までのプレイ内容はこちらを参照。
アンドールの伝説<伝説1>
アンドールの伝説<伝説2>
アンドールの伝説<伝説3>
アンドールの伝説<伝説4>

今回はマップが表に戻ります。
伝説4で宝石を集めて遊んでいる(?)間に、どうやら城が乗っ取られてしまったようです。
城を占領しているモンスターたちを倒すことがまず目的。
そして、途中で農民を救出して、開場したら城へ送り届けるのが次の目的。
最後は、やっとドラゴンが出てきます。
毎回組み立てては使わなかったドラゴン。ようやく出番です。

まずはいつものように・・・と思ったら、意外に時間がない。
しかも城へ入れないので隣りからしか攻撃できないということで、弓を装備。
弓を装備すると、ダイスが1個しか振れないので必要なのは体力。
その間にスタート位置から城までにいる農民を拾って、モンスターが出てこなそうな近くへ避難させておく。
体力を少し上げて、一番弱いゴルを共同で攻撃。
倒す。時間が進む。うーん。
しかもイベントでわいてくるからキリがない。
倒しながら他のことをやってる時間もなく、とりあえず城を最初に開城。
農民を城へ送り込み盾になってもらって時間稼ぎ。
途中、城へ入りそうなモンスターと城の防御を計算して、ダメなのだけ毒薬で倒しながら。

そしてドラゴンへ向かう。
よりによって一番遠くへ登場しているし、プリンスが見つからないので遠くのまま。
こんなことで時間を使うのはもったいないけど仕方なし。
弓を捨てて盾にし、ドワーフを応援に連れていく。
トド吉と時間を出来るだけあわせてドラゴン攻撃。
ドラゴンは5回倒さないとクリアにならない。
でもものすごい強い。
薬草使って何とか勝利。あと4勝。
同点でも負けてもイベントが発生するので、出来れば1回で勝ちたい。
はっきりいって・・・プリンスを探してる時間なんてないw

焦る。かなり焦る。
時間は過ぎていくのに倒しきれない。
城の残り盾を見ながら、なおもドラゴンを攻撃。
この繰り返しでようやく4回倒す。
あと1回。
残り時間を考えても精神力を考えても最後のチャンス。
トド吉の魔法でダイス目1を6にかえてもらい、6のゾロ目で12。
体力は最高値まで上げていたので、これでかなりの数値に。
ドワーフの応援と、同じく体力を上げていたトド吉の数値を足して、ぎりぎり1上回る。
5回目のドラゴン退治成功!

そして・・・やっとエンディング。
ドラゴンを倒し、アンドールの伝説になることが出来ました。
2人の頭の中に、あの曲が浮かんだのは言うまでもなくw


正直なところ、TRPGとかRPGとかまったくやらないので楽しめるか不安でしたが、かなり楽しめました。
ぜひ最後の伝説まで遊んでもらいたいところ。
失敗しても再挑戦したくなるところも、かなりいい点でした。
日本語版の発売が予定されているようなので、日本語のほうが楽です。
カードをめくりながら伝説を進めるんですが、カードはテキストだらけ(当たり前かw)です。