・アンドールの伝説 2013年ドイツ年間エキスパートゲーム大賞受賞
 Die Legenden von Andor(Kosmos:2012)


アンドールの伝説

プレイヤー同士が協力して、伝説というシナリオをクリアしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

実は今回3回目にして、ようやく「伝説1」をクリアできたのでした。
過去2回ほど、届け先間違えたり時間進め忘れたりとか、クリア以前の問題で失敗していたのでした。
ようやく伝説1をクリアしたので、ネタバレにならない程度に書いておこうかと思います。

「今日こそ次の伝説に行こうぜ!」
気合充分でセットアップ開始。
細かい部品が多いので、セットアップも大変。
キャラクターはお互いに最初から使っているキャラクターで。
キャラクターを選んだら、自分用のボードを持って、早速伝説1の中でも入門からスタート。

伝説1には、ゲームの流れやキャラクターの使い方が覚えられるような入門用が2つあります。
過去「ミドルアースクエスト」を楽しめなかった私なので、正直どうなのかな?と思っていましたが、
実際に遊んでみれば夢中になって、時間が進むのを忘れてしまいました。
その中でも、入門1はとても簡単。
シナリオを進めながら、基本的なというか3回目なので覚えているので事務的に終了。

そして入門2へ。
今度は倒さなければならない敵が出てきます。
でも強さは一番最低ランク。
王宮に入れないようにしながら、書簡を届けたりします。
2人なので手分けしてるのでスムーズ。
「ここで時間稼ぎするから走って」
「買い物して走ってく!」
今日こそはクリアしないと、いつまでも先へ進めないので慣れたとはいえ慎重に。
城まで何歩で入ってくるか計算しながら、今回は書簡の届け先を間違えずに届けて見事クリア。
やっとクリアw

次の伝説からチームが戦闘が出来るようになりました。
でも出来るということは、それだけ敵が強くなるということだったり・・・w