・バルーンカップ
 Ballon Cup(Kosmos:2003)


バルーンカップ

4ヶ所での気球レースで勝ち、トロフィを獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

各場所の数比べて、勝ったほうがタイルの上にのっているキューブをもらえます。
このキューブを必要数集めてトロフィと交換します。
トロフィを3つ集めたほうが勝つというシンプルゲーム。
手番では好きな場所にカードを出し、山札から1枚補充するだけ。
好きな場所というのは、相手側にカードを出すことも可能。
タイルは両面使用になっていて、数字はカードを並べる枚数。
1だったら1枚で決算です。
決算が発生したら裏返すので、それまで数が小さいほうが勝ちという条件が数が大きい方が勝ちになります。
ゲーム中何度も入れ替わるので、あえて負けてしまう選択もあり。

序盤から1の場所で地道にキューブを集めてるうちに、トド吉が親切にカードを置いていってくれるので、そのまま放置の4。
1枚で決算なので、中途半端なカードの時にはトド吉側へ先に置いたり。
これが意外に有効で、どんどんたまっていくキューブ。
狙うのは黄色のトロフィ。
そして、2人分のカードを出して埋めようとしているトド吉を見ながら、そっちは本当に放置しまくり。
そのうち出せるカードがなくなったらしく、大人しくなっていましたw
カードをいっぱい出せるところで停滞すると、かなりつらいです。
私が2つのトロフィを獲得してから、トド吉の猛追が。
お互いの手持ちキューブを気にしながら、再び1でカード回し。
一番大きい数字と一番小さい数字の使い方が大切で、むしろ中途半端なカードを使ってしまって場を動かす感じ。
場のキューブの色が偏ると、どちらもカードを出せずに手札交換になったり。
これも結構痛手。
あきらめてわざと負けにいったり、どうしても欲しくて一気に取りにいったりとかなりいい勝負に。
そうこうしてるうちに、レースタイルも減り2枚に。
あそこの緑キューブ2個が取れたら私の勝ちが決定。
最後は温存していたカードで勝ちにいって、トロフィを3つ集めた私の勝利。

評判がよかったのでプレイを後回しにしていたんですが、手付けしておいて相手の様子を伺ったり、どのカードを温存するかとか、何となくバトルラインを思い出しました。
シンプルなルールだと、初回から全力で楽しめるのでいいなぁと思いましたw