・クウィックス
 Qwixx(Nurnberger-Spielkarten:2013)


クウィックス

自分の記入用紙をダイス目で埋めることで得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームはとても簡単で、手番がきたらダイスを振りやることは2つ。
まず白ダイス2個分の合計数字を使うかどうか決める。
そして、その後色つきと白ダイスの組み合わせの数字を記入するだけ。
記入は任意なので、いやだと思ったらパスが出来るけれど、両方ともパスした場合失敗の欄に印をつけることになります。
この失敗、最終的に1個マイナス5点なのでパスのし過ぎにご注意。
そして、白ダイス2個は全員共通。
手番以外の人はパスしても失敗にはならないので気楽です。

赤と黄色は昇順で、緑と青は降順になっています。
数字に×をつけていくには決まりがあって、必ず左から右へ。
途中数字を飛ばすことが出来るけれど、飛ばした数字を後から記入することは出来ないのです。
誰かが最後の数字に×をつけたら、その色の列はもう使えずにダイスもゲームから除去。
それを繰り返していき、2列が埋まったらゲーム終了です。
ただし列を閉鎖させる一番右の数字に×をつけるには、それまでに×を5つ以上つけていないとつけられないので、意外と難しいという。

「白を2つ足して8!」
「うわ!8いらねー」
「パスで」
「じゃ、パス」

そして手番プレイヤーだけが色ダイスと白ダイスの組み合わせを使うか考えます。
「この青と白足して11で使う」

遊んでみると、ダイス目なので同じ数字が何度でも出てきます。
特に8が5回連続だった時は、さすがに2人ともげんなりw
パスしすぎて×がつかなくて得点が低かったり。
3戦やって2勝1敗。

運が悪いと同じ数字が永遠に続いて失敗が続き、失敗4個でゲーム終了になってしまうところ。
カードゲームと同じ箱のサイズだし手軽で何度でも遊べるかと。