・気球で大空へ
 Aufbruch ins Abenteuer(HABA:2013)


気球で大空へ

気球を組み立てて得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

山札もしくは場に散らばった裏向きのカードを1枚こっそり見るだけ。
見たカードによってやることが決まります。
そもそも気球は上の風船と下のかごに分かれています。
同じ色の風船とかごが揃えば大空に飛び立てる仕組み。
ただし気球には色があるので、上下の色が揃ってないと飛べない。
そして、かごによって使う風船の数が違ってくるので忙しいのです。
カードの中にはゴールカードがあり、ゴールカードが3枚めくられてしまうとゲームが終わります。
出来るだけ多くの気球を飛ばせるようにがんばるだけw

「山札からめくりまーす」

(ゴールカードだ・・・まだまだ早いよ)

そっと裏向きで場に置く。
この置かれたカードが何なのかとにかく気になる。

(置いたってことは必要ないってことだから・・・赤いかご持ってないから赤かな?)

「このカード見まーす」

(げっ。ゴールカードだ。まだ早いから戻しておこう・・・)

そっと裏向きで場に置く。
そしてまた手番になりカードをめくり

「赤い風船ゲット!飛び立ちまーす!」

にこにこしながら、出来上がった気球をそっと横にずらしてわかりやすく。
これを繰り返していくだけ。
けれど、余裕があるのも序盤だけw
同じ色のかごは1個しか保持しておけないので、わかりやすい場所に置きたいけれど、それを察したのか取られてしまう。
置いたカードをある程度覚えておくのも大切。
でも裏向きで置かれたカードは気になるし、自分で置いたカードが何だったのか思い出せなくなるのです。
どんどん気球が飛び立っていくけれど、見てすぐに得点がわかるので急いで今のうちに終わらせたい。
でもゴールカードがどこにあるかわからなくて、探してる間に逆転されるとかw
そうなると今度はかごを探さなきゃいけない。
いつ終わるのか、というのがとにかく焦らせてくれるのです。
自分で終わらそうと思ってめくったゴールカードが仇になるとはw
あっという間に終わってトド吉の勝利。

面白かったので「熟練した世界旅行家向け」のルールで再戦。
今度は同じ色のかごをいくつでも持てるけれど、ちゃんと気球として完成しなかったらマイナス点になります。
これがいい!
いつ終わってしまうのか、終わるまでに気球になるのか?とドキドキが止まりませんw
結構差をつけられたのでゴールカードをめくりにいくも、見つけられない。
そうこうしてる間に、トド吉がものすごい勢いで気球をつくって追い上げて、追い抜かれて。

「えー!」

慌ててかごを取りにいき風船を・・・と思ったら、どこにゴールカードがあるのか覚えていたトド吉によってゲーム終了。
うん。やっぱり面白い。
特にマイナスになるルールは導入するべきだと思う。
久々にHABAのカードゲームで「すごい面白い!」に当たって満足度高めですw

SPONSORED LINK