・満月
 Full Moon(Jactalea:2013)


満月

互いに異なる色の狼を4匹並べて月にたどり着くというテーマのゲーム。
トド吉とプレイ。

Jactaleaの小箱はいくつか遊んだけれど、タイルに描かれている狼が味のある顔をしていたのと2人用ということで購入。
ゲーム開始時、1列に並んでいる狼タイルを移動させていき、自分の手番で4色1匹ずつの列をつくれたら勝利という手軽なゲームです。

最初のプレイヤーがまず足跡1つの1点タイルを移動させるところからスタート。
タイルには1から3の足跡が描かれていて、描かれている個数分タイルを移動させます。
3だったら3歩移動。
そして移動させたタイルの列に月を置きます。
この月は次手番を縛ることが出来るので、自分側へ置くか相手側へ置くかはかなり重要。
次の手番の人は、月タイルが置かれているタイルと狼の色が同じか足跡の数が同じタイルを移動させなければならないのです。
効力を発揮するのは、列に2枚タイルが置かれてから。

「あれを移動してくれたら自分の番で4色が出来るなぁ」

とか

「あそこを移動されたら、あっちで4色出来上がっちゃうからこれで・・・」

とか。
上手く誘導していきます。
タイルを移動することで列に何個かタイルが置かれても、通常なら自分側1枚を移動させるところを列ごと移動も可能。
ただし、列は1色1タイルという決まりがあるので、それを守って置けるようなら。
これでいきなり4枚が完成することも。

最初遊んだ時は1分で負け。
悔しくて2回目になって、ようやく2分もったけど負ける。
そして3回目、何となくわかってきてようやく勝利。

何といってもプレイ時間の短さ。
お互い長考しないので、1プレイ3分以内で必ず終わるという。
これをこうしたら、あれとあれしか動かせないからこうなって・・・と考えてるんだけど早いw
だからこそ「もう1回!」が出来るし、時間がないけどちょっと遊びたい時に便利だなぁと。
同じJactaleaのボタンアップもいいけど、こっちも気に入りました。