・スマッシュアップ
 SMASH UP(AEG/Arclight:2012)


スマッシュアップ

秘密基地を攻撃して、得点の分配をもらうカードゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずは種類別に分けられたカードの山を2種類受け取るといか選ぶ。
そして、シャッフルして自分の山札が完成。
ここから5枚を手札として持ちます。
プレイヤーは2種類40枚のカードを使います。
そして、場に並んでいる秘密基地は3人プレイなので4枚。
準備が出来たら早速ゲームスタート。

手番がきたら、手札から戦闘員1枚、アクション1枚をプレイ。
戦闘員は秘密基地を攻撃するための数字だけど、アクションはかなり強力な効果が書かれています。
秘密基地には耐久値があり、到達すれば無事に陥落させることが出来たということで、カードを出していた人たちには勝利点が。
秘密基地には3つの数字が書かれていて、それぞれ一番大きい数字の人が左端、2番目の人が中央と順に得点を獲得。
今回は3人プレイだったので、最悪戦闘員1でも1点くらいは・・・と思ったら、中には2番目に数字が大きい人が一番高い得点がもらえる秘密基地もあったり。
誰かが15点に到達したらゲーム終了なんですが、これが結構遠い。
というのも、誰かがカードを出して最大数字になってたら、アクションで手札に戻させたり捨てさせたり。
基本的に手札は手番終了時に2枚補充なので、使ってしまうと永遠に増えない。
特にもう1枚出せるカードで戦闘員を追加で出してしまうと、手札は減る一方。
おのさんが途中で「手札が減るばかりなんですが・・・?」とw
戦闘員によっては手札に戻すものもあるので、それで何とかといった感じ。

いくつかの秘密基地が陥落して、それぞれ7、8点くらいになった頃から一気に動き出す。
何とかして陥落させたいので、他の秘密基地にいる他プレイヤーのカードを持ってきたり、追加でカードを出したり。
私が出した他プレイヤーを破壊するカードのおかげで、秘密基地の1つは完全に動かなくなったり。
これはあれだ・・・終わりが見えないゲーム。
みんなで能力を全力発揮してるおかげで、場の秘密基地に戦闘員が配置されたままが少ないという。
最後は14点でリーチのおのさんが、戦闘員を配置して1点獲得してゲーム終了。

秘密基地を陥落させるどころか、プレイヤー間での戦いが割と熾烈な感じになるので、なかなか得点を獲得出来ないのが悩み。
むしろ、アクションを飛ばしあって撃ち合って盛り上がる感じで遊ぶのかな?と思わなくもなかったり。
こういうカード効果を楽しめる人向きなのは言うまでもなく、私は苦手なのでぱっとしなかった印象でした。