・星の王子さま ボードゲーム
 The Little Prince - Make Me a Planet (Ludonaute/HJ:2012)


星の王子さまボードゲーム

「星の王子さま」をテーマに、自分の星をつくりあげていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

自分の前に4x4の大きさで星をつくっていきます。
今回は2人プレイだったので、最初のプレイヤーがまず3枚のタイルを取って見てから、1枚をクローズ、2枚をオープンにして、もう片方が選びます。
残り2枚の中から自分が1枚選んで配置で、残った1枚は捨てタイルです。
とても手軽だし、ちゃんと星の外周や星の内部に合うようになってるので安心。
星はただつくっただけじゃ得点にはなりません。
そこで必要なのがキャラクターたち。
王子様だったり天文学者だったりと11種類のキャラクターがいるんですが、それぞれ得点にしてくれるキャラクターが違います。
重要なのは星の構成よりキャラクターです。

まずは最初の1枚。
とりあえず選んでから後のことを考えればいいので気楽に。
気楽に考えすぎて火山を引き取ってしまうw
火山は最後に一番多かった人が、自分の星に描かれている個数分マイナス点です。
まぁ1個ぐらいなら・・・と気を取り直して、今度はバオバブの木を狙う。
羊が描かれていてかなりお得。
バオバブの木は最大2枚までしか持てず、3枚目を引き取ってしまうとタイルが裏返しになってしまいます。
裏返ってしまうと、せっかく集めた羊も台無し。
そんなことを頭に置きながら、とりあえず羊重視でタイルを集めてみる。
そして回ってきたバオバブの木。
ここはトド吉に3枚目を引き取ってもらおうと、バオバブが描かれているタイルを裏向きに、残りを表向きにしたら、まんまと裏向きのタイルを引き取っていきましたw

「うわー!バオバブの木が消えたー」
「(・∀・)ニヤニヤ」

せっかく庭師を配置していたトド吉にとっては大ダメージ。
さらに私が火山を2個持っていて安心しているところで、今度は火山を引き取らせることに成功。
これで火山が3個のトド吉が最終的にマイナス点へ近付く結果に。
ところが、惑星のふちを3枚引いてみたら、全部にバオバブの木が描かれていてがっかり。
私のバオバブの木も3枚になってしまい、泣く泣く裏向きに。
しかも、茶色の羊がわんさか描かれていて、唯一の得点源だったので大ダメージ。
まさかここまできてバオバブの木に泣かされるとは・・・
しかもさっき見逃した日没を得点にかえてくれるキャラクター。
どうせ必要ないだろうと思ったら、日没が集まってきた。
惑星中央のタイルがなくなり、最後はキャラクターで終了。
結局、大きな得点になったのは、王様と花1本の組み合わせで14点のみでした。
羊が悔しくて・・・
得点計算してみたら、マイナスをくらってもトド吉の4点リードで終了。

見た目が可愛らしいタイル配置ゲームで、のんびり遊べるかと思ったらそうではなく。
どれを引き取らせたいか、自分がどれを持ってきたいか、かなり思惑が見え隠れするしっかりしたゲームです。
でも短時間で終わるので「もう1回!」と言いやすい。
次はもう少しまともな惑星をつくれるかも?という期待もあってもう1回ですが、たいていそんないい展開にはならないのです。
どの人数でプレイしても、必ずゲーム開始時にランダムでタイルを抜いてるのもいい。
来ると思ってたキャラクターがこなかった時の悲しさったらw