・ドッカー
 Docker(Jactalea:2012)


ドッカー
ダイス目に従ってコンテナを動かしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

元は「Omba」というゲームらしい(BGG参照)。
3x3のボードに自分のコンテナを置いていく手軽なゲームです。
ルールはシンプルで、ダイスを振って出た目の数だけコンテナを1個動かします。
出た目の数は余らせずにちょうどで移動するように。
移動できなくなったら失格です。

早速ゲームスタート。
最初のダイス目は1。
1なら余裕と思っていたら、この1が入口をつぶす。
もっとも、配置したコンテナを移動させるか新しいコンテナを出すかは自由なので、移動させれば問題なし。
そして、トド吉のコンテナが上にのってくると、その時点で動けなくなる私のコンテナ。
積み重なってる場合は、一番上のコンテナしか動かせないのです。
仕方なく新しいコンテナを出し、また動かしていく。
そして、1より厄介だったのが6。
どうしても1余ったり1足りなかったり。
手元にコンテナが余っていればダイスを振りなおすことが可能なので振りなおす。
でもダメ。
また振りなおす・・・またダメ。また振りなおす・・・・
いくらダイスゲームが大好きでも、これはあまりよくない振りなおし。
なんか振れば振るほどテンションが下がってくる。
プレイしている間は「ここなら移動できるよ」などと協力ゲームっぽくなってて楽しいかなと思いましたが、短時間で終わるゲームで延々とダイスを振ってるのはあまり楽しくない。
途中で何度も「もういい・・・」と言いそうになってしまった。
結局2戦ほど遊んでどちらも動けなくなって負け。
ちなみに、自分のコンテナを一気に全部場に出したら即死しました。
手元に1個残していても、ダイス目との戦いで精神的にやられましたがw

気分的には☆1つくらい。
他のJactaleaのゲームと比べてもこれは・・・。
そもそもアブストラクトが好きじゃないので合わないのもあるけど、ダイス振りなおしてて不毛な感じ(単に時間を使ってるだけ)がしてきてテンションが下がりました。

3人プレイのレポートはこちらをどうぞ→ひだりの灰色 ドッカー/Docker