・ボタンアップ
 Button Up(Jactalea:2012)


ボタンアップ

兵隊であるボタンを動かし、より多くの得点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

自分が担当する将軍を決めたら、イラストが描かれてるタイルを自分の前に配置。
戦場となる場に置かれる戦場タイルを置いたら、ランダムで3色のボタンを配置します。
これで初期配置完成。
手番がきたら、ボタンを移動させていくだけという手軽なゲーム。
ただし移動出来るのは、スパイ(白)のボタンが入っている塔だけ。
最終的に全部のボタンで1つの塔が出来上がるんですが、一番下から1点、2点と上にあるほど高得点。
それを考えつつ、場のボタンを移動させていきます。

早速スタート。
最初は全部1つずつなので、とりあえず白を移動。
トド吉も離れたところの白を移動。
3個しかないので、1段の白はすぐなくなります。
ここからが勝負。
自分が上に来るようにしたいので、出来るだけ相手には上へ乗せてもらうように・・・
1段しかない場合はいいんですが、塔は単に1ヶ所へ積み重ねるのではなく、時計回りに1つずつ落としていくので、白がない塔も出来上がってくるわけです。
しかも、1つずつ置いていって最後が同じ色を重ねることになると、連続手番ができます。
そして、塔が減ってくると移動させるボタンのほうが多くなってくるんですが、そうなった場合はそのまま最後の塔に全部重ねることになるので、一気に収束。
何とか上へ上へと目指すのはどちらも同じ。
たっだ9個のボタンなのに自由になりません。
最初に遊んだ時、なぜか下にいるほど高得点だと勘違いして、圧倒的な差で敗北。
そりゃそうかw

悔しいのでもう1戦!
アブストラクト風のゲームは苦手なのに、なぜか終わると「もう1戦!」と言ってしまいます。
ルールブックには後手番が有利なので、先手番は連続手番が取れるように動かすといいよ的なことが書かれていました。
最後に塔を動かすほうは確かに有利だけど、そこへたどり着くまでに何とか対策が出来ればと考えながら。
1ゲームのプレイ時間が5分ちょっとなので、負けてもすぐ次が遊べます。

もう少しで上手に得点が取れそうな感じがする・・・ということで、終わるごとに「もう1戦!」と言っていたら、3回目でようやく勝てました。
同じメーカーの小箱3つを一気に遊んだけれど、これが一番気に入りました。
ゲーム内容もだけど、得点マーカーまでボタンなところとか。
手の届くところに置いて、ちょっとした時間などに遊んでいます。
今のところ勝敗は・・・敗北多しですw