・星々のあいだで
 Among the Stars(Artipia Games:2012)


星々のあいだで
銀河系に宇宙ステーションを建設するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲーム、攻撃的か非攻撃的のどちらかで遊ぶことができるんですが、今回は全員が初めてということで非攻撃的で。
ひたすら自分の宇宙ステーションをつくっていきます。
ゲームは4年プレイし、1年あたり6枚のカードを使います。
全員一斉にカードを1枚選んで手元に残したら、残りはドラフト。
最近だと銀杏都市がそうだったけれど、七不思議からこういうのが売れ筋なのかな?と。
全員選んでドラフトしたら、手元に残した1枚に対してアクション。
そのカードを建設するか、捨て札にしてパワーリアクターを建設するか、単純に捨て札にして3金もらうか。
終わったら、回ってきたカードから1枚選んでを繰り返します。
ドラフト方向は1年ごとに違っているんですが、ラウンドマーカーをのせてしまうと見えないというw
カードを配置することで建設なんですが、既存のカードに隣接するようにしか建設できません。
建設することで、テキスト部分が白いのは即発動、黄色いのはゲーム終了時発動の能力があり、さらにカードによって勝利点が描かれています。
もちろん建てるためのコストも。
このテキストがゲームの進行の邪魔というか、テキストを読んで効果を確認して選ぶので、スムーズに流れていかないというか。
あとは黙々と自分の宇宙ステーションをつくっていくだけなので、割と無言。

初期資金だけでは足りないので、途中カードを捨てて3金もらうのも大切。
といっても、みんなが「いらね」と思ったカードが流れてくるわけで・・・
そういうカードはみんないらないから、あっという間に1周して戻ってくるわけでw

あっという間に4年が過ぎ、勝ったのはいたるさん。
非攻撃だと他プレイヤーとのからみがほとんどないので、本当の意味で作業感。
うーん。イラストはきれいなんですけどね。
何ていうか、やぼったい。
BGGではそこそこの評価なので、攻撃して遊ぶと本来の面白さが発揮されるのかも・・・?
そんな理由で今回は☆はつけません。