・銀杏都市
 Ginkgopolis(Pearl Games:2012)


銀杏都市
銀杏がシンボルの街をつくることで得点を獲得するゲームです。
moonさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このメンバーでこのゲームを遊ぶのは2回目。
実は最初遊んでいた時に、和訳ルールに間違いがあったのですが、正しいルールを同じメンバーで遊ぶ機会が出来ました。
前回は最初のおすすめカードセットで遊んだので、今回は種類ごとのランダムでプレイ。
衝立の前にカードを並べ、初期リソースを受け取ったらゲーム開始。

中央には街になるタイル。
最初は1から3までの数字が描かれているタイルが並んでいます。
その外周にはアルファベットのマーカー。
手番では、アルファベットのマーカーがある場所にタイルを置いて街を広げるか、すでに置かれているタイルの上にタイルを重ねるかです。
どちらにしても使うのはカード。
カードには数字が描かれているものとアルファベットが描かれているカードがあり、1枚を選んで実行します。
まずは全員同時にカードを選び、使いたいカードを裏向きで自分の前に置きます。
タイルを配置する場合、タイルも一緒に出すんですが・・・それを見てカードを変えたりする人がいそうじゃない?という話題に。
moonさん曰く「ダミータイルがあればいいのに」
確かに!
そして、スタートプレイヤーから順に、カードんをオープンにしてアクションを実行していきます。
数字のカードでタイルを配置出来たら、カードは自分の前にオープンで置かれ、以降対象のアクションを選ぶたびに効果を発動してくれますが、アルファベットのカードは使ったら捨て札行き。
数字のカードもタイル配置をしなければ捨て場行きです。
全員が終わったら使わなかったカードを左隣りの人に渡します。
これによって悩ましい展開になるのです。

こっちのカードを使いたいけど、このカードを渡したら今置いてある私のタイルを上書きされるかも・・・でもこっちはもっと渡したくない・・・
タイルを配置するのに必要なのが自分のリソースコマ。
このリソースコマは、自分がオープンにしているカードの効果か、すでに配置されているタイルと同じ数字のカードを使うことによって手に入るというか、使用可能な状態になります。
それまでは、衝立の外でストックになっているわけです。
1段目のタイルならコマは1個でいいんですが、2段目になると2個、3段目は3個と必要な数が増えていきます。

これもまたなやましい1つで、タイルを配置できるチャンスなのに、コマが衝立の内側にないから配置できないこともしばしば。
そうこうしてるうちに、使いたいタイルの上に色が違うタイルを置かれて、使えないカードが増えていくという・・・
通常タイルの上書きは、今置かれているタイルの数字より大きい数字で同じ色のタイルをのせますが、コストとして余分にコマを払うことで、違う色をのせることが出来るのです。
今回、侍が果敢にタイルの色をかえた結果、回ってきたカードがほとんど使えない状態というのが4回ほど続き、ちょっと心が折れかけました。
でもまぁ、コマをためこむチャンスだと思い、青いカードを単独で出しタイルを獲得しつつ、その効果でコマを対っての内側へ。
こそこそとためこんだおかげで、コマが5個に。
ところが周りを見たら、衝立の外に置かれているコマがみんな少ない。
衝立内外のコマをすべて使うのも終了条件だったりします。
これはかなり遅れを取ってしまったと思い、点数に結びつく場所のタイル配置を。

タイルの山札が尽き、全員が持っているタイルを場に戻し点数にした2回目の山札もあっという間に尽きゲーム終了。
最後の点数計算です。

同じ色が2タイル以上ある区画を対象に、置かれているコマの数を比べて、1番の人と2番の人に得点が入ります。
それに自分が得点になるカードをオープンにしていたら、それを加算。
そして、ゲーム中手に入れた勝利点と残っているコマが1つにつき2点。
最終的に私と侍が同点で勝利。
同点だった場合の決め方があるんですが、どれも同じで決着つかず。
結局「スタートプレイヤー持ってる私の勝ちね!」と宣言して終了w

何ていうか、とても不思議なプレイ感でした。
あれもこれも悩ましいし、タイル配置のタイミングも重要だし、何といってもカードをドラフトしてしまうことで悩ましさが倍増。
終わった後、「遊んだー」という濃厚な感じはないけれど、また遊んでみたくなります。
なんだかとっても不思議。
このメーカーのゲームは、トロワは遊んだけれどトゥルネーを遊んでないことを思い出しました。

SPONSORED LINK