・スパイス商人
 Spice Merchant(DEINKO:2012)


スパイス商人
スパイスを市場に売ることで得点を獲得していくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

場となるのは6つの市場。
ここへスパイスを売ることで、出来るだけ高い得点にかえていきます。
さらに毎ラウンド開始時、秘密の取引として1枚を裏向きで自分の前に置くことが出来る上に、ラウンド中一度だけ追加で1枚だけ売れます。
でも、これはスパイスがオープンなので他のプレイヤーに動向がばれる要素にもなります。

ゲームの流れとしては、まず秘密取引のカードを裏向きで自分の前に置き、場の市場にスパイスを出していきます。
これを繰り返していく間に、1枚だけ追加売却として自分の手元にオープンでカードが1枚置けるだけ。
とても手軽な手順です。
スパイスは6種類。
それぞれ市場に売却された枚数によって、価格が違います。
手番がきたら、市場にスパイスカードを並べるか、ラウンド中1回だけの追加売却をするか。
追加売却は1回だけなので、やってしまえば後はひたすら市場にカードを出していくだけ。
スパイスを出す場合は1枚から4枚まで好きな枚数出せるけれど1種類だけ。
そして市場は6カ所あるけれど、同じスパイスは2カ所まで。
しかも1つの市場には最大4枚までしか売却できません。
それに加えて、6カ所すべての市場に商品が並ぶとラウンド終了、最大枚数である4枚のスパイスが並んだ市場が2カ所になってもラウンド終了なのです。
何という悩ましさ。
他の人の思惑で市場が揺れ放題ですw

ラウンドが終了したら、得点計算。
市場に出されたスパイスの枚数で、各スパイスの価格が決まります。
秘密の取引として伏せておいたカードと途中で追加売却として残したカード1枚の合計2枚を得点にかえます。
3ラウンド目と4ラウンド目は、秘密の取引が2枚出来るようになるので、獲得点が一気に増える可能性も。

今回プレイして、全員が一度はやってしまった失敗が、1つの市場では1枚までしか売却できないということ。
秘密の取引でサフランを仕込んでおいて、さらに追加売却でサフランを売却したけど、市場にはサフランが1カ所しか売られてなくて、1枚がゴミになってしまっというw
先にCOQさんと侍がやってるのをみていたのに、次のラウンドで私がやってしまったという。
市場の相場にばかり気を取られていると、こういう落とし穴がw

出来るだけ高い得点にかえたいのは誰も同じ。
誰かが市場に2枚出して、さらに追加取引も同じ商品を並べていると「これは高値がつくかな?」と思ってしまいます。
1つのスパイスだけが上がればいいわけでもないし、手札次第で上げたくないけど出さざるを得ない状況になったりと、プレイ時間が短いのに悩ましさがかなりあります。
4ラウンド終了した時点で、一度も売れないスパイスを持たなかったトド吉の勝利。
やはり売却できないというのは、たとえ1枚でもどんなに価格が低くても痛手でしたw

この日遊んだ中で、私は「イリュージョン」が一番面白かったんですが、COQさんとトド吉はこの「スパイス商人」が一番だと言ってました。
20分程度で遊べるし、飽きたりイヤになるほど悩ましいわけでもないので、繰り返し遊べそうです。
濃いおっさんの顔が目印の箱ですw