・イリュージョン
 Illusion(DEINKO:2011)


イリュージョン
4つの花壇に種を蒔いていくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

場には4つの花壇。
山札は花の種で、色々な種類の花が描かれています。
手番がきたら、山札から1枚種をめくり、4つのうちどこかに種を植える(置く)だけ。
ただし、1つの花壇に同じ花の種を2個蒔くことはできません。
どの花壇に何が蒔かれたのか覚えておかなきゃいけないという記憶ゲームです。
種を蒔いたときに「ストップ!」と言われることがあります。
これは他のプレイヤーが、その花壇にその花は既に蒔かれてると思った時。
花壇を確認して、本当にかぶってないかチェック。
もし、既に同じ花が蒔かれていたら、その枚数分持っている体力チップを取られます。
ちなみに、指摘した方が間違っていて、本当に1個目だった場合は、指摘した方が体力チップを箱の中に戻します。
体力チップがなくなったらラウンド終了。
残っている体力チップが自分の得点になるわけです。

最初は何も蒔かれてないので余裕の種蒔き。
各花壇に4個くらい蒔かれてからが本当の勝負。
「(みんなに見せながら)この花は・・・ここにはまだ蒔いてなかったねぇ」
「え・・・いや・・・うーん?」
「これはここにはないはず!」
「いやいや。ストップ!」
ゲーム中、ずっと嘘なのか本当なのか悩むのが続きますw
しかも花のイラストが良く出来ていて、違う花でも一瞬見ると同じに見えてしまうのです。
おかげで余計に混乱する記憶。
三戦やって一番体力を残していたCOQさんの勝利。

ルールを読んで記憶ゲームだとわかった時に、とても微妙な気持ちになったので期待していませんでした。
たぶんこれはみんなも同じ。
実際プレイしてみると、この日遊んだ中では上位に入るほどおもしろかったのです。
私の中では一番でしたw