・キュピード
 CUPEED(DEINKO:2010)


キュピード
ブロックで立体をつくるゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

4色のブロックはそれぞれ3個や4個のキューブで出来ています。
これを使って、3x3x3の立体をつくっていきます。
つくるには、カードを使ってブロックを手に入れていきます。
カードには他の人の組み立て中のキューブを奪ったり、ボードからブロックを獲得したりと、色々なアクションが描かれています。
全員カードを1枚選び、一斉にオープン。
描かれている数字の小さい人から時計回りに実行します。
自分の番になったら山札からカードを1枚引きますが、手札の枚数によってやることが違います。
1〜2枚なら何もないんですが、3枚〜5枚だとカードを1枚使うか、捨てるかしなければいけません。
手札の上限は5枚なので、5枚以上なら5枚になるまで使うか捨てます。
これを繰り返していって、一番先に立体をつくりあげれば勝者。
最初は何事もなく全員がボードからブロックを取り、初期手札が5枚なのでとりあえず補充して終了。
戦いはここから。
ちらっと横を見ると、トド吉が上手に組み立てている。
こういうのが苦手な私は、3個のブロック狙いで、組み立て中の立体から頂くことに。
侍も同じくトド吉の立体から持っていく。
組みあがってくると、かならず邪魔されるのがこのゲーム。
こうなってくると醜い争い勃発w
トド吉が侍のキューブを取り、侍がトド吉のキューブを取る。
その間にボード上にある各色の3個ブロックを私が頂いていくw
そして、気付くとあと1個。
残念ながら邪魔できるようなカードがなかったため、誰にも邪魔されず私が完成させて終了。
しかも全てを3個ブロックで完成させた「キュピード」なので、ゲームも終了w

短時間で遊ぶゲームとしてはちゃんとしているけれど、色々と何かが足りないような感じです。
攻撃し合っていると停滞してしまうのが、ちょっと惜しいなぁ。