・カラスとブルーベリー
 Beeren klau'n mit Schnabelgrun (Noris:2012)


カラスとブルーベリー
場に置かれた大きなブルーベリーを集めるゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

表が森で裏が沼になっているタイルが10枚。
カードをめくり書かれている数字の分、カラスを移動させていくだけです。
カラスの移動先にブルーベリーがあれば手に入れることができ、もしブルーベリーがなかったら・・・ブルーベリーが置かれていないタイルを裏返して沼にします。
もし沼にカラスが移動したら、自分が持っているブルーベリー2個を足場として提供しなければいけないのです。
獲得していい気になっていたら、足場提供で手元からなくなっていくブルーベリー。
誰かが沼にカラスを移動させたのに、足場のブルーベリーをおけなかったらゲーム終了。
一番ブルーベリーを持っていられた人が勝者になります。
とても簡単なルールなので早速スタート。
序盤はブルーベリーの多い森に移動できると喜ぶといった単純な感じでした。
そして2周目になると、すでにブルーベリーが取られてしまい空のタイルが。
でも置かれていないタイルを沼にするだけなのでセーフ。
いくつか沼が出来てきたら本番。
うっかり沼に移動しようものなら、せっかく抱えていたブルーベリーを沼に置かなければならないのです。
しかもカードの中には泥棒カードがあり、他のプレイヤーから1個奪えるので、これも要注意。
少ないカードを全部使ったら、そのまま裏返して使うので、ある程度すると次にどんなカードが出てくるのか予想できるように・・・
特にカード山の切り替えタイミングで泥棒が出るので、カード山を作り直すたびに手を出すという展開でしたw

このシンプルさと和むイラストがよかったのか、なんと5回も連続で遊ぶ始末。
それでも止められないので、強制的に次のゲームを出しました。
作者はごきぶりポーカーと同じ人。
ギスギスした空気も解決できる良きゲームですw