・ティータイム
 Tea Time(Gigamic:2012)


ティータイム
不思議のアリスがテーマになっているカード取りゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームはいたってシンプルで、場に並べられているカードを取っていくだけ。
1枚でもいいし、連続で2枚、3枚取ることも可能。
スタートプレイヤーはアリスのカードを持っているので、まず1枚場から何かを取り、そこへアリスを配置。
アリスは1枚しかないので鏡も何もないので安心。
カードは種類それぞれ取った枚数によって得点が違い、しかも0枚だったら5点もらえる不思議な得点構造。
ただし、キャラクターには普通のカードと鏡(縁がついてる)があり、両方を取ってしまうと相殺で消えてしまう。
集めるなら普通のだけか、鏡のほうだけかにしたいところ。

シンプルなのに、かなり真剣。
というのも、自分だけが得をし、他の人が引き取って悲鳴を上げるように追い込んでいく感じになるため。
3戦連続で遊び、最初は気軽にカードを取っていたけれど、どんどん胃が痛くなってくるきりきりプレイに。
特に最後数枚になってからがじりじりとくる。
得点をいっぱい取ってそうだから枚数減らしておくか・・・と考えながら、自分が損をしないカードを選ばなければいけないから。
0枚になれば5点になってしまうので、逆に両方を取りたい。
でもそういう時に限って1枚とか引き取って涙目w
2戦目までは得点にばらつきがあったけれど、最後の3戦目はまさかの全員同点。
3戦の合計で、常に良い得点を獲得していたおのさんの勝利で終了。

薄い缶でかわいらしい雰囲気を出しているのに、ゲームはかなりガチでした。
短時間で何度も遊べてしまうのに、やればやるほど悩んでしまうのです。

SPONSORED LINK