・ウィ・ウィル・ウォック・ユー!
 We Will Wok You(Pegasus Spiele:2012)


ウィ・ウィル・ウォック・ユー
材料とお金で中華鍋を取り、さらに中華鍋に材料をそろえることで得点にしていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

場にはお金と材料が並び、隣りには色々な中華鍋が並んでいます。
最初に持っている手札を元に、まずは材料集め。
材料は3枚ずつが2列と2枚ずつが2列。
どちらも隣りにはお金が並んでいます。
手番がきたら、そこに置かれているお金と同じ数のお金を出して、2列のうちどちらかの材料を引き取るか、単純に置かれているお金を取るか。
序盤はお金もないので、とりあえずお金を取りながら、支払いが少なくてすむチャンスを狙います。
でもまぁ、3枚くらいになると飛ぶように売れていくわけで。
そして、誰かが材料を引き取った後、残されたのは倍になったお金。
再びお金を引き取りつつチャンスを狙い・・・これが続きます。
材料を集める時に気をつけたいのが、どの中華鍋狙いか。
鍋によって材料が様々なので無駄は避けたいところ。

で、中華鍋。
こちらはお金では取れません。材料を使って獲得していきます。
中華鍋には取る際の必要マークが描かれていて、それが材料カードの隅に描かれているのです。
欲しいと思った中華鍋に描かれている数を集めなければ。
でもそれだけでは得点には結びつかず、手に入れた中華鍋には材料を投入することで料理が出来上がるのです。
欲しい材料と中華鍋のマークが合わないなんてことはしばしば。
最終的に中華鍋に材料を入れられたら得点になるのです。

同時に3つぐらいのことを考えなければならなくて、なんだかふわふわw
とりあえず、欲しい中華鍋は20点。そして必要な材料はブロッコリー。
ブロッコリーでマークが箸のもの狙いで待つ。
ところが、他の材料とばらばらで並ぶから、なかなか集まらない。
仕方ないので、とりあえず箸をそろえて中華鍋を獲得。
ついでに急いで1枚2点になる中華鍋も獲得。
ある程度材料が手札に入ってくると、あっという間に中華鍋がはけていきます。
のんびりしてると鍋がなくなってしまう!という心理が働き早い者勝ちw
そして、その鍋を見ながら再び材料を集めていきます。
ひたすらブロッコリー。
そして、とりあえず集まってきたので、違う鍋にも注目。
人参も手元に多くあったので中華鍋を再び取る。
あとはイカ。イカさえくれば・・・・

と思いながら材料とお金を集めていたのに、結局集まらないままゲーム終了。
けれど20点の中華鍋と1枚2点の中華鍋効果は大きく、何とか勝利w
インスト込み30分以内という適度な長さ。

何とも不思議なプレイ感。
粘ればいいものでもなく、早すぎても狙いがばれてるという。
他の人がどのくらいカードを集めているかとか、気にしている余裕がないというか。
慌しく遊べるので、逆に飽きなくていいのかも?と思いました。

SPONSORED LINK