・シュリンプ
 Shrimp(Asmodee:2012)


シュリンプ
条件が揃ったカードを判断し、カードを集めていくゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードに描かれているのはエビ。
しかも、日本・アメリカ・フランス。
エビの色も緑だったり紫だったり赤だったり。

場に出ているカードが指定の条件になったら、中央に置かれているマヨネーズをつかんで「ぷぴー」。
ジャングルスピードを遊んだことがある人ならわかると思います。
あれとほぼ同じ。
各自が山札を持っていて、手番になったら一番上を表にして、グリルやらにのせるだけ。
ただし、エビの色や国旗、描かれているエビの数など、共通してる箇所があったら中央のマヨネーズをつかみ取ります。
その他に、場に見えるエビの数が7匹になったら「しゅりんぷぅ!」と叫びながらマヨネーズを取ることが出来ます。
他にも色々ありましたが割愛w
こういう瞬間反応力が試されるゲームは、正直苦手です。
今回もその苦手さをいかんなく発揮しましたw

ゲームがはじまるも、途中までは・・・

「アメリカ!(ぷぴー)」
「え?」
「おぉ本当ですねー」

「シュリンプカクテル!!(ぷぴー)」
「ん?」
「あぁ!ほんとだ!」

とにかく「え?」とか「ん?」とかしか発言してない私は1枚も取れない。
てか、みんな早すぎw
だいぶ目が慣れてきて、がんばるぞーと思って手を伸ばそうとした瞬間、「ぷぴー」という音がして取られてるとか。
おのさんとトド吉が戦利品のカード山の厚みを比べて楽しんでるのに、1枚も手元にカードが取れてない私。
苦手だと思っていたけど、ここまで負けるとさすがに悔しい・・・
せめて・・・せめて1枚くらいは!

そしてやっとその時がきたのです。
「赤い!(ぷぴー)」
(やった・・・やった・・・ついにマヨネーズ鳴らしたぞ・・・)
「あ、そうだね」
「赤いですねー」
感動してるのは私だけというw

その後、少しずつは取れるようになったけれど、とてもじゃないけど2人には歯が立たず。
勝ったのはトド吉。
ちなみに私が取れたのは5枚でしたw

・Table Games in the World:シュリンプ