・ブラックロックシティ
 Blackrock City(Blackrock Editions:2012)


ブラックロックシティ
銀行や馬車を襲撃して金を稼ぐゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場にはタイルが並び、都市や馬車が描かれています。
手番がきたら3種類のアクションから選んで実行。
賭け、スキップ、延期です。
スキップは手番を単純にパスし、延期は延期は手番を延期できますが自分の無法者が1つ負傷します。
そしてメインである賭け。
自分の無法者をいくつか賭け、勝てば襲撃できます。
ただし、他のプレイヤーがすでに賭けている数と同数を賭けることができないのです。
つまり、少ないか多いかのどちらか。
自分が持つ無法者たちは、まず元気な状態から負傷へ。
そして負傷していた無法者はゲームから取り除かなくてはいけません。
プレイヤー全員が賭けるかパスをしたら賭けが終了。
一番多く無法者を出した人が都市を襲撃でき、2番目の人が駅馬車を襲撃します。
まずは一番多く無法者を出した人が自分の親分トークンを移動させます。
親分は都市を移動していくので、自分が賭けた数から一番少ない数を賭けた人の差分移動します。
移動先には得られる金と捕虜の数が描かれているので、それを手に入れたら終了。
駅馬車を襲撃した2番目に多かった人はキューブをもらえます。
最終的には金の数で勝敗が決まるので、あまり無駄なく手に入れられるなら2番目も悪くないです。
そして襲撃が終われば保安官が移動。
保安官は賭けられていた無法者の数だけ進みます。
もし親分トークンが保安官のいる都市に行ってしまうと、せっかく賭けに勝ったのに何もできなくなります。
2番目の人は駅馬車を襲撃することが出来るので、本当の意味で貧乏くじw
保安官が走ってきて親分のいる都市にきてしまったら、ストックの無法者が1つ負傷になり、キューブを1個失うわけです。
ちなみに親分がいた都市は、親分が去った時に裏返しになり、ゲーム中はずっと裏返しのままになります。
裏返しになると何も出来ない都市もあるけれど、他の人からキューブを奪うことが出来たりするので良し悪し。

2人でも遊べる2人用ルールがあったので、早速遊んでみることに。
2人だとダミープレイヤーが追加され、ダミーは常に親分トークンがいるタイルに描かれた銃痕の数だけ無法者を賭けてきます。
これが基準になるので、多いか少ないか賭けやすいと思ったけれど、実際はかなりきつかったです。
そんなに賭けたくないけど、勝つはずのトド吉をいっそ保安官がいるところに止まらせようとかw
序盤はどのタイルも表を向いているので気持ち的にも余裕があり、賭けに勝っては保安官とぎりぎりすれ違ったり、着実に金を手に入れていくトド吉に対して、私はキューブを集めていきました。
油断していると、ダミーがキューブを持っていってしまうので、無法者の使い方が難しい。
ある程度のタイルが裏返ってからが真剣勝負。
止まりたくないけれど賭けには勝ちたい。
それをダミーの無法者の数を見ながら、勝つ予定のボスの移動歩数を調整できる2番手の何と楽しいこと。
保安官のいる都市に上手く誘導できたら、違う意味で勝った!と思えます。
意外に役立ったのが捕虜。
自分の無法者のかわりに一度だけ使えるので、これがよかった。

あっという間にゲームが終わり、勝ったのは私。
後半の捕虜の使い方と金を集めたので勝てた・・・と思うw
ただ・・・こういうゲームはやっぱり人数が多いほうが楽しいのは仕方ないこと。
あと、和訳ルールブックの書き方というか、流れに沿ってないというか・・・
きっと原本がこうなんだろうなぁと思いつつ。
一度遊んでしまえばとても簡単なルールなんですけどねぇ。