・パイレーツ・ダイス =ローリング海航海記=
 Pirate Dice: Voyage on the Rolling Seas(Gryphon:2012)


パイレーツ・ダイス
船を動かして財宝までたどりつくダイスゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ルールはいたって簡単で、ダイスを振って、出た目を選んで自分のボードにセットするだけ。
あとはダイスの指示に従って船を移動させたり、砲撃したり砲撃されたり。
目的地点は全員共通の財宝。
そこを目指してせっせと進んでいきます。

まずは初期配置して準備ができたら早速ゲーム開始。
細かい用語とかあるけれど、そこはスルーして簡単に。
衝立の後ろでダイスを振り、自分のボードにセット。
ただし1つセットしたらダイスは振り直してまたセット。これの繰り返し。
何が起こるかわからない航海はこの後。
全員のセットが終わったら衝立オープン。
1つ目から数字の大きい順に処理していきます。
これがひどいw

「よし!前進2歩!」
「おれも前進1歩!でも追加砲撃マークついてるので目の前の船を砲撃!」
「えぇぇぇぇ!?早速船が破壊された」

しかも後ろからきた船に押し出されてしまい、それ以降の移動がまったく予期しない方向へ行くこともしばしば。
ちなみに砲撃は、全員の移動が終われば一斉に撃ち合うんですが、ダイスに太陽みたいなマークがついていれば、移動後すぐに砲撃できます。
しかも岩礁にぶつかったりしても船は傷むわけで。
HPが減ってきて4まで減ると、ダイスが固定になります。
自分の意思では動かせなくなる船。おそろしいw

今回トド吉がその状況になり、これはチャンス!とばかりにせっせと移動していくも、ダイスが言うことを聞かずw
そっちじゃないのに!という状況でモタモタしていたら、復活したトド吉に砲撃でどーんとやられる。
見えているのに遠い財宝。
砲撃を当てられるのがいやなのと、横向き移動のおかげで、どんどん外周に向かっていってしまう船。
そんな中、復活したトド吉船が一番内側を移動しはじめる。
いかん・・・これじゃ財宝をとられてしまう!
ということで、急いで財宝地点へ向かう。
財宝地点は渦があり、上手に移動しないとすぐ弾き出されます。
それでも最後の力にダイスが応えてくれたので、全力進攻。
あと一歩、次のラウンドでたどり着いたのに・・・という状況で、トド吉が財宝地点に到着して終了。

うーん。悔しいw
ダイスゲームなので、大雑把な感じを楽しめるゲームでした。
2人でもゴール地点が遠く感じるくらいで、お互いに並んだまま動けなかったりして、楽しかったです。