・南極の飛び込みペンギン
 Antartik(Ilopeli:2012)


南極ペンギンの飛び込み
南極の氷山で飛び込み大会が開催されているので、そこで飛び込みを成功させ得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ペンギンの飛び込み大会とはいえ、山札からカードをめくっていくだけ。
同じ数字がかぶったらバーストで失敗し、最後にめくったカードだけもらって終了。
違う数字が並んだら、好きなタイミングでやめてカードを全部獲得のどちらかです。
だけど、カードはどんなに取っても表向きのままなら1枚1点。
でも、他の人が飛び込みをする前に「賭け」ることができるのです。
賭けに勝てば1点が3点(裏返し)に。
ちょっと疑問だったのが、カードの★が1つのものと2つのもの。
その点はルールに書いてないのでスルーしました。
裏返すと、確かに★が3つ描かれているので3点なんだなぁと思いましたが。

終盤は賭けに出るか出ないかが熱い。
というか「次は5だと思うから賭けない!」とか、怪しい能力発動状態で楽しくて仕方がない。
でもこれは遊び方としてはどうかと思いますw
カードのイラストがペンギンだし可愛いし、短時間で遊ぶには楽しいゲームでした。