・骸骨島
 Skeleton Island(Ilopeli:2012)


骸骨島
砂に埋もれている金貨や地図を集めて得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

最初にカードを半分に分け、片方は表を向けて、もう片方は裏を向けてシャッフルすることで、宝物や地図がちらちら見える砂山が出来上がります。
手番がきたら、まず「通常」か「海賊」か選びます。
とはいえ、最初は手持ちのカードがないので、強制通常ゲーム。
砂の山からクリア(表面が完全にみえている)なカードを1枚取って見ます。
いらなかったら端にクリアな状態で捨てて、違うクリアなカードを取って確保。
宝物は金貨だけでなく、宝の地図の欠片や海賊の持ち物があります。
最終的な得点になるのは金貨。
見事揃えたら宝の地図も金貨が描かれているので得点に。

「よし。んじゃ通常でこれもらう・・・けどいらね。こっちもらっておく」

こんな調子で続けていって、クリアなカードが1枚か2枚、もしかするとなくなってしまう時があります。
そんな時は息を吹きかけることができます。
でも重なってるカードなので、ある程度強めに。
でも強すぎても飛び過ぎるので、何となくちょうどいい感じでw
そこからまたクリアなカードを取って集めていきます。

地図を揃えようと思ったら、半分をトド吉に取れられる。
見えているところには半分がなかったので、その間に海賊の持ち物をせっせと拾う。
そして・・・
「これ3枚捨てる。で、そっちの半分の地図ちょうだい」
奪うことができるのです。
これで地図が揃ったので、地図カードをもらいます。
何となくお互いに違う色の地図を集めていても、地図は5色しかないのでかぶります。
そして、一気に3色の地図を手に入れ喜んでいた私の向かい側で、大量の金貨を集めたトド吉の勝利で終了。
地図にこだわりすぎた・・・w

この会社のカードゲームだと、過去に「シャーロック」と「ジュラシック」を遊びましたが、今回も遊び心がある楽しいゲームでした。
2人だったので地図は早い者勝ちになってしまいますが、そこはいいタイミングで盗めばいいわけでw
相変わらず箱絵が3Dになっているし、遊んでみると意外にわくわくして楽しかったです。