・アーバニア
 Urbania(Mayfair:2012)


アーバニア
カードを使って都市建設を進めていき得点を獲得するゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ボードは再開発中の都市になっていて、未建築の建物が並んでいます。
都市の開発は中央からになっていて、ゲーム開始時中央の区域はすでに建築が完了しています。
この未建築の建物を建築することで得点を獲得していくわけです。

が・・・

かなり視認性が悪いです。
一応未建築の建物には、建てるためのコストが書かれているのでよーく見ればわかるんですが、ちらっと見た程度では見分けがつかないw
まぁでもMayfairだからこういうアートワークかな?と思わなくもない。
割と濃い色というか、キツイ色遣いというか、そういうのが多いような気がする(偏見)。
そんなアートワークを抜けば、カードを使って建築していく、プレイ感の軽いゲームでした。

建築に必要なのはカードに描かれているヘルメット。
お金はおっさんたちを雇うのに使います。
このおっさんたち、実は各方面のプロフェッショナルで、雇えば得点がもらえます。
誰かが雇うと値上がりするので、その金額を払えば自分で雇えます。
雇えば雇うほど値上がりしていくので、売れっ子(笑)のおっさんはどんどん高くなっていきます。
とはいっても、上限はあるわけで。
まずはすでに建築されている中央に隣接している建物から。
最初は全員初期手札を持っているので、すぐにでも建築可能。
まずはヘルメットが無駄にならずに、尚且つお金も描いてあるお得なカードで建築を目指す。
お金とヘルメットの両方が描かれているものは、ヘルメットを使った後でお金としても使える便利なカード。
といっても、ほとんど両方描かれてますがw
たまに、お金のみ・ヘルメットのみというのがあります。
建築しようとしてた建物を他の人に取られちゃうのはよくあること。
そこで最終的にボーナス点になるカードをもらう。
見てみると・・・とてもじゃないけど使えない。
横1ラインに建築されてる建物1個につき○点とか、難易度が高すぎます。
それでなくても、隣接した場所にしか建築できないので、どうしても方向が決まってきてしまうのが中盤。
ある程度ボーナス目標があることで、みんなの思惑が見えてくる終盤。
「あれ建てて隣接であれ建てて・・・ボーナス点が結構入るかな」なんて考えていると
「これ建てまーす」といわれ、心の中で涙w
正直、プロフェッショナルなおっさんたちは、ある程度価値が上がったところで奪いとろうと思っていたのでスルー。
それより建築を進めていかねば。
段々と出来上がってきているはずの都市だけど、視認性の悪さであまり変わらないというw
そのうち、トド吉・侍・COQさんの間で、おっさんが行ったり来たり。
それを眺めながら地道にカード集めをしたり建築したり。
序盤から中盤にかけて、やたらとおっさんを抱えてた侍だけど、最後はみんなに奪われ得点源として使えず。
プロフェッショナルなおっさんが得点源になるカードを持っていなければ、あまり意味がないわけで。
色々なことを考えているうちに、あっという間に終了フラグ。
最後の力(カード)を振り絞って建築したけれど、さすがに届かず。
トド吉の勝利で終了。
ちなみに、1位と4位の点差がほぼダブルスコアだったのは内緒で・・・w

じっくり腰をすえて考えようなんて思っていたら、あっという間に都市開発が進んでしまいます。
どこでカードを拾いにいくか、どこでプロフェッショナルなおっさんたちを雇いにいくか、意外に限られてしまっている時間内ではタイミングが重要でした。
あっさり終わるのにちゃんと建築してたし、なかなか面白いゲームです。
次の版が出る時には(出るのかなぁ?)もう少し見やすい感じでお願いしたいところw

SPONSORED LINK