・東海道
 Tokaido(Funforge:2012)


東海道
京都を出発し江戸を目指すすごろくっぽいゲーム。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

細長いボードは東海道で、江戸までの道のりには村や宿屋、神社などが並んでいます。
海外製の日本をテーマとしたゲームは「勘違い日本」が多いのですが、これは良く調べたなぁといった感じで、勘違いしてませんw
各自、自分のキャラクターを選んだら、スタート位置の京都に並びます。
江戸までは一本道で、道中にあるマスに止まったら対象のアクション(というかカードを手に入れる)を実行していきます。
たいてい先着1人か2人までなんですが、道中にある宿屋は全員強制滞在。
しかも全員が宿屋に入るまで出発できないルール。
そして、宿屋では料理を買いますが、先に宿屋へ入った人が選んだ残りから後の人が選んでいくので、高い料理を押し付けられたりすることも。
これを繰り返していって全員が江戸に到着したら得点計算。
道中手に入れた景観や料理、おみやげなどの得点を計算して、一番得点の多い人が勝者になります。

京都を出立!ということでゲームスタート。
宿屋までの道のりの間に、出来ればあれもこれも欲しいのは全員同じ。
なので、当然の如く先手番の人ほど手前にいます。
このゲーム、最後尾にいる人が手番をやるので、前の人と離れていれば2回続けて手番がくることも。
「はい3金!」
「そこ入りたかったなぁ・・・仕方ない。ここで景観カードもらう」
「神社しか行くところない・・・お布施してくる」
そんな感じに。
私が担当したキャラクターは笹奴。
おみやげを2枚以上購入する時に、安い1枚が無料になるというもの。
実はそんなに強くないw
対してCOQさんの光圀が強い。温泉や偉業で点数を獲得する時に+1点。
どうせ遅れるなら後からのんびり・・・と思っても、渋滞しているので一番前へ移動するしかなかったり、入りたいマスが埋まってたり、もっと簡単に色々手に入れられるかと思ったらそうでもないw
景観は3種類あって、一番先に完成させられるとボーナス得点がもらえるんですが、最初だけカードを取得して、あとはマスに入れない状態。
一番になれないならのんびりでいいやw
そうこうしてるうちに、手持ちのお金がなくなる。
現金収入大切!ということで、田畑へ入れば3金。
でも田畑より出会いが魅力。
公家に出会えたら3金もらえるけど入れないw
中盤は温泉ばかり。
温泉に入ってばかりで江戸までたどりつけるのか?という感じw
宿屋で料理を選ぶ時が一番悩む。
「安いけどネタ的にはこっちだ・・・でも高い。お金がない」
そんな時は後から来る人に高い料理を提供。
ただ、今回はそんなに高いものが出てこなくて、安い味噌汁でも数があるので無駄遣いはしませんでした。
どうにもならない状態での旅も江戸で終了。
最後に料理を手に入れ、トド吉が2手番くらい多くやって江戸入りしたところでゲーム終了。
得点を計算したら、公家と仲良しだった光圀(COQさん)の勝利。

雰囲気はすごくいいです。
何といっても日本を勘違いしていない!ww
ゲームとしてだと私は若干物足りない感があったけれど、一緒にプレイしたメンバーは気に入ってた様子。
あれもこれもやりたいけど出来ないし、早く進めばいいってものじゃないし、むしろ遅く歩いて出来るだけ回収したいから我慢してるのに、誰も先に行ってくれないから欲しい物が手に入らない。
何ていうか、もやもやして仕方がないというゲームは好みじゃないのでw
ただまぁ・・・1つ言えることは、この大箱じゃなくてもよかったような。
この半分で、景観カードも他のカード同様だったら良かったのにw