・タイムライン
 Timeline: Inventions(Hazgaard Editions:2010)


タイムライン
カードに描かれている物がいつ発明されたのか考え、年号順にカードを並べて手札を早くなくすゲームです。
つなきさん・トド吉・私の3人でプレイ。

とても小さいカードには、さまざまな発明品が描かれています。
HJの和訳付きなら、発明品がいつ発明された、いわゆる正解一覧がついています。
各自手札を4枚受け取ります。これを誰よりも早くなくしていきます。
自分の前に年号が下になるようにカードを並べたらゲームスタート。

「ペニシリンっていつ発明されたんだろ・・・」

ブツブツと考えながら、出していきます。
すでに置かれているカードと比較して、正しい年号順に並べなきゃいけないのです。
今置かれているカードより古いと思ったら左側に、新しいと思ったら右側に。
そして、カードを置いたら年号が描かれている方を見えるようにしてチェック。
間違っていれば、そのカードを除去して、山札から新しいカードを1枚引いて手札に加えます。
正解ならそのままで、手札が1枚減ることになります。

こんな単純なゲームなのに、これが面白い。
しかも知らないことが多くて、たまたま当たるとかなりうれしいです。

「温度計っていつ・・・?」
「ツェッペリンっていつだっけ・・・?」

とにかく独り言が多くなりますw
知っているようで知らないことが多いのも良いところかも。
この時は次のゲーム待ちで軽くプレイ。
持ち主のつなきさんが勝利で終了。
これは続けて遊んでも飽きないゲームでした。
もっとも、こういう雑学に詳しい人とやったら、歯がたたなくて遊びたくなくなるのかもw

先日、日本語版が発売されたけれど、パッケージなどが一新。
箱が紙製で大きくなって、CDが付属しています。