・ラガミ
 Ragami(MESAboardgames:2012)


ラガミ
ラガミとなって、都市の闘争を解決することで美徳点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱絵がスーツを着た天使ということで、否応無しに期待度も上がる。
きれいなボードには都市を上からみた図。
ただ、プレイヤーが使うラガミが紙製なのが惜しいところ。
でもスーツ着た天使になっている。
アートワークはいい感じだし、何よりダイスがいっぱいあってテンションも急上昇。
ボード上の任意の場所に自分のラガミと聖人コマを置いたらゲームスタート。
今回は2人プレイなので、中立のラガミと聖人コマ2個がいます。

都市に置かれている黒いダイスが現在闘争しているところ。
そこへ移動して解決することで美徳点が入るのです。
手番がきたら、白いアクションダイスが置かれているアクションを選び実行。
そして好きなだけカードアクションを実行。
この2つは順序は任意らしいので、カードを使ってからアクションを実行することも可能。
全員がパスしたらラウンド終了という覚えやすいルールです。
ボード上に置かれているダイスは、そのアクションが何回選べるか表示されているだけの白いダイス・プレイヤーごとに持っている自分色のダイス・黒い闘争ダイスの3種類。
ラウンド開始時にスタートプレイヤーが白いダイスを3個振り、出た目を見て3種類のアクションに割り振るので、選びたくても選べないアクションも出てきます。
ほとんどが、自分が移動→聖人コマが移動→中立も移動させてきて解決する流れでした。
黒い闘争ダイスが表示している目にそのエリアに悪魔がいればその数を足し、それ以上のパワーを自分が出せないと解決できません。
だからこそ、中立のラガミを連れてきたり、パワーポイントとなる自分のダイス目を使います。
解決すれば黒い闘争ダイス目に等しい美徳点をもらえます。
なので、放置しておいてダイス目が大きくなるのを待つと高得点、でもそれを解決できる数値を集められるか。
そんな時はカード。
でも効果が強いものほど、白いキューブを必要とします。
なので、他の人の解決に自分のラガミが参加しているのも大切。
かといって、呼んでしまうと次に近くにある闘争を解決されてしまうかも知れないから呼べない。
こんな時は中立だけど、それはお互い考えているから、どのタイミングで移動させておくか。
正直、ボードの移動で絶対に解決が間に合わない場所があります。
そういうところはスルーw
近付いても周りに良さそうな闘争がなければ、移動するアクションをやらずに他のアクションをやりたいのです。
何せ、出来る数は白いダイス目次第なので。

お互いに譲らない展開で闘争を解決していく中、ちょうど近くで闘争が発生したので喜んで解決。
その差で何とか私の勝利で終了。

中盤まではかなり盛り上がっていたんですが、終盤が流れ作業的な感じになってしまったのは2人プレイだからかも?
この会社のゲームは、アートワークやテーマがすごいいいんですが、盛り上がりが最後まで続かないというか・・・
どうも終盤にもやっとして作業感が出てくる印象が強いです。