・ブルーライオン
 The Blue Lion(Jactalea:2011)



6枚のタイルを入れ替えることで組み合わせをつくり、宝石を獲得していくゲームです。
トド吉とプレイ。

まずは自分のキャラクターを決めて、早見表を受け取ります。
早見表には、この組み合わせなら宝石がいくつもらえるか描かれています。
ゲームは、両面仕様のタイルを並べるところからはじまります。
スタートプレイヤーはまず1枚。
これを基点としてタイルを横に並べていきます。
表になっているほうが嫌だなと思ったら裏向きで置くことはできるけれど、先に裏側の絵を見てからは置けないのです。
6枚が1列に並んだら、いよいよゲーム本番。
とはいえ、6枚の列ができるまでに組み合わせができたら宝石がもらえます。
手番がきたら、列の一番端のタイルを反対側の一番端に移動させるか、両端以外のタイルの中で隣接する2枚を交換するか、1枚裏返すかです。
裏返す時は基本的に先に見ることは出来ないので、覚えておかなければいけないという。
並べるだけでなく、記憶しておくゲームなのです。
早見表に描かれている組み合わせをつくることができたら、宝石を受け取り、組み合わせにつかった3枚のうち真ん中の1枚を一旦列から除外します。
そして手番の最後に除外しておいたタイルを一番端に置きます。

タイルの表裏なんて覚えるわけもなく・・・
「できた!これで宝石もらう」
喜んだのもつかの間、中央のタイルを除去してみたら、トド吉の早見表に描いてある組み合わせ。
まさにオウンゴール。
自分の組み合わせをつくりたいだけなのに、それはお互い様だから動かされてしまう。
さくさくと遊べるけど、覚えてないと話にならないw
どんどんトド吉に宝石を与える展開になり、がっかりするほどの負けっぷり。
プレイ時間15分ほどで悩ましさもあるし、手軽でいいとは思うんですが、私とは合いませんでした。

SPONSORED LINK