・ボノボビーチ
 Bonobo Beach(Kronberger Spiele:2003)


ボノボビーチ
ボノボ島に最高の浜辺をつくって得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは何もないボノボ島。トークンとタイルの配置する位置が描かれています。
すごくシンプルなルールで、手番がきたらタイルを置くかコマを置くかの二択。
タイルはプラス点とマイナス点があります。
置かれた自分のトークンをタイルがきれいに囲めば得点計算が発生。
といっても、トークンが置かれてなくてもタイルがすべてトークンマスを囲んでしまえば、もうトークンを置くことはできません。
ボードにはトイレと日陰と砂浜があり、トイレはすぐにトークンが手元に戻ってくるのでまた使えますが0点です。
日陰と砂浜はゲーム終了時に得点が入ってくるので、トークンは置いたまま。
すべてのプレイヤーがボードにトークンもタイルも置けなくなったらゲーム終了。
得点が多い人が勝者になります。

タイルを置くマスは三角だけどタイルはひし形。
これを上手に使って日陰を隣接させて得点を多くしたい。
日陰はマイナスをプラスにしてくれるし、砂浜は得点が倍になります。
そうはいっても、それを狙ってトークンを置けばトイレを隣接させられたり、日陰をつぶされたり。
トークンをどのタイミングで置くかがかなり悩ましいです。
しかも、早々にトークンを使い切ってしまった私。
あとはタイルを配置することしか出来ないわけで。
出来るだけトド吉の得点源になりそうなものをつぶしたりしてましたw

2人プレイだったのもあり、とにかくあっという間にゲームが終わりました。
得点計算してみると、ものすごい得点の入り方をするので一気に高得点。
倍のマスの効果は絶大です。
ダントツで私の勝利。

プラスからマイナスを引いてどのくらい点が入ってくるのか意識しながら、それより1点でも多いほうにトークンを置いたり、囲まれる寸前まで粘っていたら、期待していたマスをタイルでつぶされてマイナス点になったり。
プレイ時間の割に悩むことが多いのに、得点の入り方が大雑把で笑ってしまったゲームでした。

SPONSORED LINK