・心臓発作(心臓発作にならないための10の方法)
 Infarkt(Czech Board Games:2011)


心臓発作
仕事や家庭に蝕まれたストレスを適度な運動などで解消して健康に過ごしましょうというゲーム。
ただし、悪い友人たち(笑)が、高カロリーの食事や飲み物を用意してパーティに誘ってくるので、いかにして健康を保つか、保てないと脱落してしまいます。
はるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

※健康に対してものすごく「敏感」な方は、この先を読まないことをおすすめします。

ボードには、やれることが全部描かれています。
そして自分のバロメーターを表示する個人ボード。
体重や血圧、心臓やらまさに成人病勢ぞろいメーター。
しかも種類によって、ある程度上がってしまうとラウンド終了時に自動で数値が加算されてしまうという。
自分がいかに健康になるかというより、他の人をいかにして不健康にするかという感じです。

ゲームの簡単な流れとしては、まずはイベントカード。
イベントによって各数値が上がったり、下がったり。
そして、コマの配置。
全員同時にコマを配置していくんですが、自分の前手番の人がパーティ狙いだと要注意w
コマを置いたアクションを順番に処理していけば1ラウンド終了です。
やることは簡単なのに、健康を保つことが難しいことを思い知るのは3ラウンド目あたりから。
こっちを下げればあっちが上がるという感じになりやすいし、薬を買おうにもお金が足りない。
「うわ!血圧まずい!危険危険!」
「死んじゃう・・・もうだめだ」
口々に悲鳴ばかりw

稼ぐために仕事へ行きストレスがたまり、そのストレスを解消するのにはフィットネスジムへ行くかパーティを開いて憂さ晴らしするかw
そこで、たまに働いてフリーマーケットで食べ物と飲み物を買って、はるさんとトド吉をパーティに誘うという悪魔の所業をやり続ける私。
しかも、侍が同じことをやりだしたので、ダブルでパーティに招待される、はるさんとトド吉。
「あぁもう死んじゃう死んじゃう」と連呼するはるさんに大爆笑ww
それでも自分の健康が疎かになっていると狙いうちされるので、ここはある程度上がってもいいけど、こっちはまずいという状況は続く。
全員がぎりぎりの中で耐えるという、遊ぶだけでストレスたまるんじゃないの?疑惑。

一気に肺がやられ、次にパーティをやろうとしてるはるさんを見て「あ、終わった」と思っていたら、先手番の侍がパーティにはるさんを招待して、たばことベーコンを振舞ったことではるさん脱落w
おかげで私が生き延びたという。
そして、トド吉、侍と順に脱落していく中(というより、パーティに招待しまくった)、辛うじてやや悪い健康状態で耐え抜いた私の勝利。

いやー・・・すごいテーマ。
これはメンバー選びすぎる。楽しめずに「不謹慎だ!」とか言い出す人は遊んじゃダメ。
今回はかなり楽しく遊べて満足です。


・ゲームストアバネスト:心臓発作