・ヤンタリス
 Jantaris(Czech Board Games:2007)


ヤンタリス
街に商人を配置していき、名誉点を獲得していくゲームです。
はるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

ボードの外周は得点ボード。
その数字の小ささに、名誉点を集めるのは大変なんだなぁと思わせてくれます。
無駄にマスが大きいというかw
ルールはとてもシンプルで、このシンプルな中に要素が多いので、商人の動かし方やカードの使い方が重要になってきます。
手番がきたら、選べるアクションは3つで、実行したら次に外交フェイズ。
選べる外交は取引、闇市場、立場を強める、雇用。
この中から全員が自分がやりたいと思うアクションを選んでカードを裏向きにセット。
一斉にオープン。
そして、手番プレイヤーから順に実行していくんですが、同じアクションを選んだ人数によって効果が違ってきます。
処理が終われば大市場。
ちなみに外交が終わった時点で街の中心に置かれたコマが5つ未満だと、この大市場は飛ばされます。
大市場が稼動する場合、大市場カードをめくり、その指示に従って処理します。
そして、最後は市場の支配。
ゲーム開始時に、地名が書いてあるカードがオープンで並んでいます。
そこに書いてある3つの地区を支配(他のプレイヤーより多く、かつ最低2コマ以上)していれば3名誉ポイントがもらえます。
これでラウンド終了。この時点で誰かが12名誉ポイント以上を獲得していれば、ゲーム終了になります。

ルールを聞いた限りは簡単そうに思えたけれど、12名誉ポイントがかなり遠いです。
誰かがコマを動かせば、支配させないように邪魔するし、あっちもこっちも足の引っ張りあいにw
序盤こそ、順調に3つの地区を支配して・・・なんて考えていたけれど、そう簡単ではないというか。
進まないゲーム展開にちょっとうんざりしてきてしまいました。
しかも実際のプレイ時間より、感覚的には長く感じるので、「誰か12ポイントいかないのかな・・・」なんて誰もが考えるように。
でも、手を抜いたりするのはいやなわけでw

最後ははるさんが一気に中央のコマを利用し、そのままの勢いで大市場を達成し、無事に12ポイント達成しました。
いやー・・・長かった(体感的な意味で)。

まず、見た目があまりよくなかった。
何となくドギツイ色というか、市場とか地区とかそういう風に見えず、何となく無機質に感じてしまう。
その中でコマを動かしていくと、終了条件が果てしなく遠く感じるわけで・・・
得点ボードに15までしか数字がないのだから、そう簡単に得点には結びつかないのはわかるんですが、それにしても終了条件が遠かった。
もっと違うやり方もあるんでしょうが、限られたアクションを全員で実行して、見えるところでコマを動かしていくのだから、こんな感じなのかな?というところでした。