・街コロ
 Machi Koro(グランディング:2012)


街コロ
自分の街を誰よりも早く発展させて、ランドマークすべてを完成させるゲームです。
かゆかゆさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

この「街コロ」を初めてみたのはGM春。
いっぱいありそうだから後で買おうと思っているうちに完売してしまい、後日ショップへ入荷した分を購入しました。
この時は、手に入れていたかゆかゆさんので遊ばせていただく。

ものすごく手軽なゲームで、基本はダイスを振って出た目と同じ数字のカードを所有していれば、その効果を得られます。
どんどん収入の高い建物を建てて収入を増やさないと、目的であるランドマーク4つの建設ができません。
ということで、自分の手元に初期施設の麦畑、パン屋と裏向きのランドマーク4枚を置いたらゲームスタート。
手番がきたらダイスを振ります。
出た目の数字のカードを持っていれば収入。
そして、手持ちのお金を使って新しい建物を1枚だけ購入するか、ランドマーク1枚だけ表にすることができます。
ルールはこれだけで、最終的にランドマークをすべて建てた人が勝者。

SPONSORED LINK

最初は全員同じ初期手札なので、収入も全員一緒。
差が出てくるのは、カードをはじめて購入する時から。
青のカードは畑などの第一次産業、緑のカードはお店や工場、赤のカードは飲食店だけどある意味攻撃カード、そして紫は大きな施設。
とりあえずは麦畑から得られた資金で牧場を購入。そして森林とちょっとずつ成長。
私は満遍なくどのダイス目にも対応できるようにと思ったけれど、見ていると同じカードを複数枚のほうが強そう(に見える)。
そこで私も牧場をもう1枚。
このあたりはみんな同じかと思ったら、お金をためてコンビニに手を出す人も。
それを見て、売り切れたら大変とコンビニを手に入れる。
ところが、侍が飲食店に手を出したところで状況が一転。
赤いカードはダイス目を出した人からお金を奪う、ある意味攻撃カード。
これのおかげで、本来「3」で得るパン屋の収入がそっくり侍のところへ流れていってしまうという。
しかもそういう時に限って、よく3を出してしまうという。
「なんか理不尽な気がしてきたから、私もカフェ買う」
「じゃおれも」
「買っておこうかな」
誰かが手を出すのを待っていたかのように、みんな赤目当てw
そして功を焦り、ランドマークの駅を建設。これがまずかった。
ダイス2個振れるとなれば、何となく振ってしまう2個。
自分で対応する建物がないのに2個振ってしまう。おかげでみんなは喜ぶ。
さすがに2個振るのをやめて1個にしましたがw
持ち金がなければ払わなくてもいいけど、カードが買えないのでそれもダメ。
みんなが駅を建てる頃には、やはりダイス目が大きい施設が欲しい。
何とかりんご園やチーズ工場などの収入が高いカードを手に入れ、ランドマークの遊園地まではいけた。
2枚目のランドマーク完成に喜ぶ私の横で、順当にランドマーク4枚完成させたトド吉の勝利で終了。

イラストも可愛いしプレイ時間も長くないし、慣れてない人向けにいいなぁと思いました。
出たダイス目が全員に影響するところが和気藹々。
「私も!」
「こっちも!」
「あ、おれ2つ分」
自然と会話しなきゃいけないし、ボードゲームって面白いんだよっていうのを知ってもらうには重宝しそう。
実際、初めて遊ぶ人や慣れていない人と遊ぶ時には、鉄板として活躍しています。